« 【アニメ】『ルパン三世 DEAD or ALIVE』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月3日(日)~8月9日(土)雑記 »

2008年8月 9日 (土)

【書籍】『宿敵』読破

 「ポール・リンゼイ」著、親しい仲間はいるが《基本一匹狼》──FBI捜査官「マイク・デヴリン」が活躍するシリーズ第二弾です。

久しぶりに「グッ」ときました。

 「CODE NAME:GENTKILL」──FBI捜査官ばかり狙う《殺人犯》、コンピュータ名に入力する際のファイル名字数制限により

 <Agent Killings>⇒<GENTKILL(ジェントキル)>

と名付けられた犯人との闘いです。

 けれども「デヴリン」捜査官が追う事件はそれだけではありません──爆弾を使う卑劣な《脅迫者》との闘いも平行して展開します。

日頃の行い(上司への反発)から、カジノ経営という秘密任務というか「罰ゲーム」にて日々を過ごす「デヴリン」捜査官──。
そんな事では燃え上がる【正義感】を抑える事はできず、抜け出して一人、独自の捜査開始です。

 <タフガイ>らしき描写はあるのですが、そんなに<派手>な作品ではありません・・・・・・でも《緊張感がピリピリ》、【犯人達】と息詰まる攻防戦です。
まあ、犯人に接近するのは地道な捜査が実る終盤なのですが──何故か全体に渡って《緊張感》が抜けません・・・・・・「デヴリン」捜査官の家庭において、夫の身を心配する妻との《緊張感》の続く対立も描かれている影響かもしれません。

 もしかするとシリーズ第一弾の『目撃』を過去に読んでいるかもしれませんが、本シリーズ、今まで読んでなかったのが悔やまれます。

楽しみなシリーズが増えました。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『ルパン三世 DEAD or ALIVE』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月3日(日)~8月9日(土)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『宿敵』読破:

« 【アニメ】『ルパン三世 DEAD or ALIVE』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月3日(日)~8月9日(土)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ