« 【書籍】『誰のための綾織(あやおり)』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月27日(日)~8月1日(金)雑記 »

2008年8月 2日 (土)

【書籍】『宇宙海兵隊ギガース』再読

 「今野敏(こんの・びん)」著、所謂【白い新型・人型ロボット】を描いた《スペース・ロボット・オペラ》です。
昔、本作と続巻『~2』を読んで「パッタリ」・・・・・・図書館にて続巻を見かけなかった事から止まっていた作品です。
今回、未読『~3』まで並んでいたので、記憶を呼び起こす意味で、「1(本作)・2・3」と借りて読んでいます。

 ある意味【典型・お約束】が詰まった作品──

地球連合に対する木星圏の反乱・・・・・・独立戦争、従来の人型兵器および戦闘機を上回る機体を投入され地球連合は劣勢に。
そこで【新型】投入──搭乗者は《サイバーテレパス》(機械と心を通わせる能力)を持つ【美少女】「リーナ・ショーン・ミズキ」です。

アメリカ海軍の流れを汲む人型兵器「HuWMS[ヒュームス](Human-Style Working Machine Standard)」主体の【海軍】

ロシア空軍の流れを汲む戦闘機主体の【空軍】

【新型】は最新型「HuWMS」のため、もちろん【海軍】に。
では【空軍】にはというとこちらはエースパイロット【美男子】「オージェ・ナザーロフ」がいるといった按配です

上記に《木星圏反乱の動機の謎》、反戦に奔走する(+野心を燃やす)政治家、スクープを狙う女性記者などを絡めて、【読み応えは軽い】ながらも【細かい設定は重厚】な作品です。

 以前、本シリーズについての記事(ブログ)を読んだ事があるのですが──切り悪く展開が進まないまま・ペースも遅く続いているようです。
できれば『~3』である程度、「区切り」がついていて欲しい──また、何年後に読む事なるのか分からないので。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『誰のための綾織(あやおり)』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月27日(日)~8月1日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『宇宙海兵隊ギガース』再読:

« 【書籍】『誰のための綾織(あやおり)』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】7月27日(日)~8月1日(金)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ