« 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『ZOKUDAM』読破 »

2008年8月29日 (金)

【書籍】『寒い国から帰ってきたスパイ』読破

 「ジョン・ル・カレ」著、《純正》【スパイ小説】です。
【冒険】・【アクション】などの《派手さ》はなく、<静か>に権謀術数が渦巻く、騙し騙され、非情なスパイ活動が描かれています・・・・・・個人的には少し「まじりけ」が欲しかったかな。

《派手》な作品に慣れてきていると一種の清涼剤──ちょっと物足りないですが、偶には良いかな、一息です。
続けて同様の作品を読むのはちょっと・・・と私は思いますが。

東西、壁で引き裂かれたベルリン──東ドイツでの任務失敗にてイギリスへ帰った英国諜報部員「リーマス」。
東ドイツで煮え湯を飲まされた強敵・東ドイツ諜報部副長官「ムント」を陥れるため、再び【寒い国】へ。
果てして、スパイの結末は・・・・・・。

 もしかすると再読かもしれない本作──まあ、今となっては良くあるシュチュエーション/展開なので、記憶に残りづらいかなあ。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『ZOKUDAM』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『寒い国から帰ってきたスパイ』読破:

« 【アニメ・ゲーム】8月22日(金)~8月26日(火)雑記 | トップページ | 【書籍】『ZOKUDAM』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ