« 【書籍】『そのケータイはXX(エクスクロス)で』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月30日(月)~7月5日(土)雑記 »

2008年7月 4日 (金)

【書籍】『女が見ていた 新版 横溝正史全集9』読破

 タイトルの(名探偵「金田一耕助」は登場しませんが)中編のほか、ショートショートと「金田一耕助」が登場する短編三編を収録した作品です。

解説の「中島河太郎」氏も記載していますが、表題作の『女が見ていた』は読んでいるとその設定/流れより「ウイリアム・アイリッシュ」著の『幻の女』を思い起こさせます。
前回読んだ『夜歩く』(『びっくり箱殺人事件 新版 横溝正史全集7』収録)と同様にやはり外国作品を意識しているのでしょうか・・・。(特に不思議な事ではないのですが、世代[生きていた時代]の異なる方と同じ作品を読んでいる事に奇妙な感覚を覚えます──この著者も読んでいたんだあの本・・・と。)

さて各作品の説明を・・・

■『女が見ていた』
 妻と喧嘩し飛び出した【作家】・・・見知らぬ【女性】からの奇妙な視線を感じます。
飲み歩き、ついには酔いつぶれて、家に帰宅すると・・・・・・

 妻が自分の名前を騙った何者かに呼び出されて、殺害されていました──しかも、自分が飲み歩いた店の一軒にて・・・。

アリバイを立証するには自分をつけまわしていた【女性】(達)を探し出すしかない。

と【作家】の友人が奮闘する作品となっています。
前述の『幻の女』とは、上記の設定(展開)部分が似ているだけでその後は全く異なる展開となってきます。
サスペンス要素はあるものの謎解き要素が薄い作品です。

■『生ける人形』
 ショートショートです。
ある【女性】が突然、面識がないと思われた【男性】を・・・。
【女性】の告白──不思議話と思いきや・・・・・・。

■『女怪』
 「八ツ墓村」後、ある【女性】に恋した「金田一耕助」・・・【女性】の過去に起因した脅迫/殺人事件へと。
私が忘れているだけなのかな・・・恋する「金田一耕助」──意外です。

■『百日紅の下にて』
 今回は読み飛ばしてしまいました・・・何故なら、再・再・再読ぐらいになるからです。
 衝撃/印象的な長編は細かい内容を忘れているため、いくら再読しても気にならないのですが、ボリュームの少ない短編となると。
 でも内容を覚えているって事は、それだけ印象的な作品──トリックが凄いのか・・・・・・う~ん、でもないんだけど何故なんだろう、タイトルおよび内容をハッキリ覚えています。
 「金田一耕助」、探偵デビュー直前の話?・・・に該当するのかな。

■『鴉』
 「磯川」警部に連れられて「金田一耕助」、【温泉】へ。
 でも「磯川」の狙いは三年前に発生した《人間消失》・・・その現場には三年後に戻ってくるとの手紙があり、《消失》から丁度、三年目の日が近づいて・・・。

ちょっと印象に残った作品が少なかったかなあ・・・メインの中編『女が見ていた』についての読み手の好みが影響していると思うのですが。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『そのケータイはXX(エクスクロス)で』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月30日(月)~7月5日(土)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『女が見ていた 新版 横溝正史全集9』読破:

« 【書籍】『そのケータイはXX(エクスクロス)で』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月30日(月)~7月5日(土)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ