« 【映画】『TAXI NY』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月30日(金)~5月31日(土)雑記 »

2008年6月 1日 (日)

【書籍】『女王様と私 The Queen And I』読破

 「歌野晶午」著──著者から本格的な【推理小説】を期待して手にとったのですが・・・。(でなければこの「タイトル」では・・・。他の作品も該当しますが、この著者はタイトルが・・・いまいち?。)

 今回は「ハズレ」でした───。

本作は、

 人形を妹として独りでおしゃべり、仕事にも就かず年老いた両親と暮らす【男性】・・・。
 外出先で脅されて、以後「言われるまま」にフランス料理・高級寿司と奢らされる【男性】・・・。
 その相手は・・・12歳の【少女】

という内容です。(設定は意表をついて面白いと思ったのですが。)

 【少女】の同級生が殺害されて【男性】が奮起、探偵活動を行うとの流れになっているのですが・・・。

《暗い》・・・著者は色々と現代社会/人間の闇の部分を扱う作品も多いので、予感はしていましたが。

 読む事に挫折しそうになったのは終盤・・・「ああ、こっち系の結末へ持っていく作品だったのか」

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『TAXI NY』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月30日(金)~5月31日(土)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『女王様と私 The Queen And I』読破:

« 【映画】『TAXI NY』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月30日(金)~5月31日(土)雑記 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク