« 【書籍】『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月21日(土)~6月23日(月)雑記 »

2008年6月23日 (月)

【映画】『サンダーバード』を見た

 最新技術を使用した【実写版】──国際救助隊「サンダーバード」、《GO!》です。

<深夜>に、加えて<字幕>で放送していた事から大して期待せずに見ました。
内容を見る限りは《子供の夏休み映画》に「ピッタリ?」というか、そういう【狙い】の作品となっていたのですが・・・。

国際救助隊を密かに営む「トレーシー」一家の末弟「アラン」・・・早く救助隊に参加したいのですが、父親からは卒業してからと言われて面白くない──。
そんな中、【悪人】に秘密基地の場所を知られて「アラン」を除く家族は誘導に引っかかり、宇宙へ・・・そして「サンダーバード5号」の中で生死の危険の只中に。
基地のシステムが乗っ取られて絶対絶命のピンチに
 「アラン」と【親友】(男の子)、【幼馴染】(女の子)が奮闘(+諜報員「レディ・ペネロープ」とその運転手「パーカー」)
する内容となっています。(人命救助物語よりは、単純な勧善懲悪モノとなっています。)

 映像は《派手》・・・数々の乗り物はリアルさを追求している部分もあるのですが、概ね【原作】(TV)に忠実に【原色】(赤・緑・黄色)を使っているので、そのように感じたのかもしれません。(最新技術でどのように表現・・・より実在の、本物っぽくしてくれるかが一つの楽しみだった部分もあったのですが──あまりに忠実すぎて、逆に面白みが・・・・・・。)

私が忘れているだけかも知れませんが、《科学力》以外に《超能力(不思議能力)》らしきモノが出てきて・・・その点がちょっとした「スパイス」に感じるか、「う~ん」と頭を捻ってしまうか分かれ所でもありました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月21日(土)~6月23日(月)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『サンダーバード』を見た:

« 【書籍】『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』再読 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月21日(土)~6月23日(月)雑記 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク