« 【アニメ】『劇場版 空の境界 俯瞰風景』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月11日(水)~6月15日(日)雑記 »

2008年6月15日 (日)

【書籍】『邪魅の雫(じゃみのしずく)』読破

 「京極夏彦」著、《憑物落とし》を行う【古書肆(こしょし)】「中禅寺秋彦」(屋号から「京極堂」と呼ばれる)が活躍する【妖怪・探偵/推理小説】です。

前作『陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず)』が私の中では「ちょっと・・・いただけない。」といった印象を持った作品だけに本作は、今後もこのシリーズを読み続けていくかの岐路となる(私にとっては)《重要》な作品となりました。

結論から言うと、《本シリーズ、今後も益々楽しみです。》

 読んでいてその【雰囲気】および【事件の内容】、【登場人物】などなどから、物語内で徘徊する《妖怪》が見えてくる本作の醍醐味が溢れている作品です──特に今回は、その正体が分かり易く描かれていました。(前作の「陰摩羅鬼(おんもらき)」は、今思い返してもどんな特徴を持った《妖怪》だったか思い出せない・・・形態は鳥だったような気がするけど。)

いつも読んでいる作品と比較するといつも通りボリューム<大>なのですが、「グイグイ」読み進める事ができました。
初めは複数人の視点から描かれ、情報量が多くて【登場人物】・【相関関係】を自分の中でまとめるのに四苦八苦しましたが、そこが《狙い目》なのか本作──だんだんと読者の方にて関連が見えてくるに従って、人間の中に蠢く今回の【邪魅(じゃみ)】という《妖怪》の存在が感じられるようになってきます。

そして終盤一気に「京極堂」によって《明かされる/落とされる》【(各々の)世界】・・・前作では【推理小説】部分にて「ちょっと・・・~」と感じたのですが、今回は【推理小説】部分も「バッチリ」です。

 次々と発生する連続毒殺事件・・・犯人側の視点を読んでいる読者にも、事件全体像が見えてこない・・・まして作中の警察・探偵(助手)に至っては本当に五里霧中となる事件発生です。

いつもの【探偵】(「榎木津」)、【警察】(「木場」)の活躍が残念ながら少ないのですが、代わりに
【探偵(助手)】「益田」、【警察】(「木場」と一緒に降格した)「青木」、そしていつも通り【小説家】「関口」の三者が活躍といかないまでも前面で頑張っています。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『劇場版 空の境界 俯瞰風景』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月11日(水)~6月15日(日)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『邪魅の雫(じゃみのしずく)』読破:

« 【アニメ】『劇場版 空の境界 俯瞰風景』を見た | トップページ | 【アニメ・ゲーム】6月11日(水)~6月15日(日)雑記 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク