« 【アニメ・ゲーム】6月16日(月)~6月20日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『サンダーバード』を見た »

2008年6月22日 (日)

【書籍】『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』再読

 「高里椎奈」著、妖怪三人が活躍する異色の推理小説・・・第一弾です。
【新章】開始と思ったら、結局「元鞘」に戻った本シリーズ──とりあえず区切りが良かったので第一作目を再度、手に取ってみました。

いやあ、内容について全然、覚えていませんでした。
原因はシリーズの作品数が多い事ではなく、やはり【内容】です。
『メフィスト賞』を受賞した本作品・・・本来であれば一番、記憶に残っていても良いものなのですが。
仮に賞を受賞していなくても、シリーズの原点・シリーズを読み続ける原動力となった最初の作品がこんなにも印象が薄いものだったなんて──。

 本作品ではどちらかと言うと《妖怪色》の方が強い・・・
事件では、足跡のない【雪の密室】・【密室からの脱出】などが出てきて期待を煽りましたが、その真相は「(読んで)ガッカリ」・・・正直、まだ<妖怪の特殊能力>だったという真相の方が──。

 動機も伏線もゴチャゴチャしすぎ・・・続く作品~今後のシリーズ化を前提に本作を書いていたわけではないと思うのですが、登場人物が少し多すぎではないでしょうか。
全登場人物をフォローするにはあまりにボリュームが・・・まあ、個々にインパクトを与えようと個性を溢れさせようと奮闘していますが。

 その後の作品でも感じた事なのですが、やはり「イメージ」しづらい作品です。
妖怪・事件の模様など全てにおいて・・・前者はともかく、後者が「イメージ」しづらいのは謎解き推理小説として厳しいモノがありました。(私の読解力の問題ですが・・・。)

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】6月16日(月)~6月20日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『サンダーバード』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『銀の檻を溶かして 薬屋探偵妖綺談』再読:

« 【アニメ・ゲーム】6月16日(月)~6月20日(金)雑記 | トップページ | 【映画】『サンダーバード』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ