« 【アニメ・ゲーム】5月6日(火)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月7日(水)~5月9日(金)雑記 »

2008年5月 9日 (金)

【書籍】『双面獣事件』読破

 「二階堂黎人」著、名探偵『二階堂蘭子』シリーズの【推理小説】ではなく【怪奇・冒険小説】です。

 私の感想はまさに《【推理小説】ではなく【怪奇・冒険小説】》の一言につきます。

 【双面獣】・・・名前の通り「顔が2つ」で手は4本、足は2本の怪物、2つの村を壊滅状態に陥れます。
数少ない生き残った人の証言より、

・目から発する光線で人を焼き殺す
・口から吐く黄色い息で皮膚を爛れさせ、死に至らしめる
・神出鬼没

などなど想像を絶する能力を持っています。

 果たして「この荒唐無稽な怪物にどんな論理的な解決/解答があるのか。」と期待しつつ読み進めていたのですが・・・

「え~っ嘘、これが解答・・・というより、そのまんまじゃないか。」
「いや、絶対に別の解答が最後に用意されているはず・・・じゃないと。」

最後の最後まで「どんでん返し」があるのではと一縷の望みを抱いて、読み進めていったのですが・・・

「・・・。」

願わくは本作はかの大長編『人狼城の恐怖』の「第一部ドイツ編」・「第二部フランス編」に相当するモノだと思いたい、《解決編は別にあるんだぞ》と・・・。

前作の『魔術王事件』はトリックが分かってしまったため、私の中で評価は低かったのですが、本作と比較すればまだ【推理小説】であっただけ良かったと思います。
本シリーズ、別に【怪奇・冒険小説】を読みたくて手に取っているわけではないので・・・。
 「迷宮計画」の真相解明がメインの【謎】というにはちょっと・・・あまりにも「ありふれた真相」です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】5月6日(火)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月7日(水)~5月9日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『双面獣事件』読破:

« 【アニメ・ゲーム】5月6日(火)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月7日(水)~5月9日(金)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ