« 【書籍】『12番目のカード』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月11日(日)~5月16日(金)雑記 »

2008年5月16日 (金)

【書籍】『Aサイズ殺人事件』読破

 「阿刀田高(あとうだ・たかし)」著、【安楽椅子探偵】として「お寺の住職」をそえた連作短編小説です。

 表題作を含め、8編もの短編で正直《その真相に辿り着くには幾らなんでも》と思うような推理の過程もありましたが、【謎解き】を見せてくれます。

 「佐村刑事」は迷宮入りになりそうな事件があると「妙法寺」を訪れ、【和尚】と碁を打ちます。
そこで「ポツリ、ポツリ」と事件の内容を・・・それを聞く【和尚】、自分の推理が固まってくると「途端に囲碁の腕も冴える」。
 その場では解答を示さず、「佐村刑事」に【珍妙な宿題(質問/確認事項)】をいくつか・・・例えば「被害者の胸のサイズは?」(表題作)などなど。

 全く事件の真相に辿り着くとも思えぬ【宿題】・・・「佐村刑事」が持ち帰り調べた結果を持ち込むと《千里眼》とも言うべき驚くべき推理を披露との展開です。

前述したように真相に到達する【論拠】が若干、「厳しいな」と思うモノもありましたが・・・。

 事件の内容は【奇抜/突飛】なモノが少なく、どちらかと言えば《複数の容疑者から犯人を論理的に絞り込む》面白さに重点を置いている作品です。

 各編が短く・テンポ良く「スラスラ」と読めたのですが・・・若干、私には【偏見】と感じられる記述が多々あった点が読んでいて気になりました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『12番目のカード』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月11日(日)~5月16日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『Aサイズ殺人事件』読破:

« 【書籍】『12番目のカード』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】5月11日(日)~5月16日(金)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ