« 【書籍】『溺れる人魚』読破 | トップページ | 【書籍】『ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚』読破 »

2008年4月16日 (水)

【アニメ・ゲーム】4月13日(日)~4月16日(水)雑記

 残念ながら、まだ4月放送開始の番組に手をつける事ができず・・・。
けれでも、やっと終了が見えてきました・・・まあ、中には12月・1月から視聴が止まっており、溜まりすぎて「もう見なくていいかなあ。」と悩んでいるのも。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/04/13(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A キミキス 第23話 【ピックアップ】参照。
第24話
A 墓場鬼太郎 第9話 【ピックアップ】参照。
A true tears 第11話 【ピックアップ】参照。
第12話
第13話
- K-1 WORLD GP 2008 08/04/13 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[04/13]

■『キミキス』
第23話:
 【学園祭】開始です。
・お化け屋敷
⇒カップル進展に一役買い、そして「衹条(しじょう)」最後の見せ場?。
・うどん屋台
⇒ある意味、一番目立った。(全編通して)
・ミニゲーム大会
⇒出番少ない。
・クレープ屋
⇒単に「メイド服」披露したかったのみ?、または「知子(ともこ)」先生へのサービス?。

 このままだと最後は【決着】をつけず、【含み】を持たして終了(完結)への流れになるのでしょうか。
 でもここにきて「柊」にもきちんと・・・。
 そして「咲野」【告白】・・・泥沼化(波乱化)にはならず、<晴れやか>に・・・。
第24話:
 【最終回】です。
 どっちつかずの展開を引きずるなあ・・・けれども結局、【逆転ホームラン】の流れです。(そうでなければ、【最終回】にやる事が・・・。)
 
 【正統派】の作品でした。
 常軌を外した【意外性】のある展開がなかっただけに際立った感想はありませんが・・・。
 でもこのあまりに【正統派】展開にて《24話》持っていったのは凄い・・・思い出しても印象に残っている回(話)が「全然、浮かんでこない」にも関わらず。

■『墓場鬼太郎』
 妖怪同士の対決にしても特に際立った策や能力対決があるわけでもない・・・正直言って、見せ場/盛り上りに欠ける展開なのですが、何か《嵌る》モノがあります。
 「水木しげる」氏の作品は絵柄も該当しますが、まずその内容の流れに魅かれます・・・何故、何処にと聞かれると「あいまい・・・、雰囲気が。」というしかないのですが。

■『true tears』
第11話:
 「比呂美」新生活(一人暮らし)開始です。(前回で何か<HAPPEY END>終了の勢いだったのですが。)
 「眞一郎」が【麦端踊り】を披露する「祭り」も近づいてきて・・・。
 「乃絵」を除いて【順調】と思いきや・・・【絵本】も<BAD END>にて、今後の展開は。
第12話:
 「鶏の飛ぶ、飛ばない」に色々と重ねられても・・・全然、共感というかイメージが沸かないです。
 話は全体的には【「眞一郎」の成長話】に収束?。この終盤でまだ「引っ掻き回す」とは・・・。
第13話:
 【最終回】です。
 やっと【絵本】も[大]活躍と思ったら・・・あれ、・・・良かった、一時はどうなる事かと・・・でも[小]活躍止まりです。
 最後まで「あっちもこっちも大変」の展開でした・・・結局タイトルの【true tears】がいまいち「引き立たなかった」かな。

■『K-1 WORLD GP 2008』[スポーツ番組]
 90分と短い放送時間ですが、【凝縮】した内容の濃い試合を期待して見ました。

表.試合
選手 メモ
マーク・ハント [スーパーベビー級タイトルマッチ]です。
序盤から[シュルト]ペース,蹴りが強い・・・
最後は回し蹴り一閃,1R決着
セーム・シュルト
バダ・ハリ 一撃と連打;ここまで実力が・・・
まだ負けて欲しくなかったです,
1R決着。
レイ・セフォー
藤本祐介 衝撃デビューとはならず,延長合わせ5Rフル。
ヒットでダウンというより疲れてダウン。
エヴェルトン・テイシェイラ
アレックス・ロバーツ 2Rより流血試合,
戦慄のブラジリアンハイキック炸裂!。
グラウベ・フェイトーザ
澤屋敷純一 貫禄勝利?・・・
こちらはまだ【世代交代】とはいかず。
武蔵

表.[08/04/14(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
** *** ** **********

【ピックアップ】[04/14]
特になし。

~~(閑話)~~
『神羅万象チョコ Best Selection 冨嶽伝』・・・「Best Selection」とは知らなかった。
公式ページで嫌に新しいカードの紹介が少ないなあと思ったら

 過去発売のカード(一部仕様変更との記載がありますが)【21種類】と
 新規カードたった【5種類】

とは・・・意外と《あくどい》事やるなあ。
確かに過去集め切れなかった回のカードは欲しいとも思いますが・・・でも、その時に購入して集めたから意味があるわけで、「Best Selection」として出されても。
最近、『ビックリマンチョコ』の復刻などはありましたが、あれはかなり期間が空いているわけで・・・おかしな販売戦略だなあ。

しかも、内部の紙に今回のカード一覧が・・・。
また、2008.7に新章の予告・・・。

表.一覧
NO カード
F001 聖龍太子フガク
F002 聖龍王ゼクウ
F003 聖龍姫フヨウ
F004 七剣魔龍テンザン
F005 聖龍王フガク
01 聖龍王サイガ
04 忍者マスター絶影
05 コノハ
24 甲角星アトラス
44 レッカ
49 剣角星アキレス
60 群雲のザンゲツ
61 疾風のイザヨイ
66 クリス
75 裂空星ボレアス
76 海迅星カイトス
77 天魁星マルス
96 聖姫アルマ
97 聖火鳥ポロン
101 巨重星ピグマリオン
102 月照星ディアナ
103 アクシー
Ⅱ082 幻魔戦鬼テスタロス
Ⅱ099 魔元帥ベリアール
Ⅱ101 ボーンマスター・D
ⅡSP 魔導士メビウス

・・・まあ、カード裏には「Best Selection」の印字があるので、過去販売のカードとの区別はつきますが。
~~~~~~~~

表.[08/04/15(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 超時空要塞マクロス 第20話 【ピックアップ】参照。
第21話
第22話
G サムライスピリッツ零 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ロボアーミー NEOGEO [A+B]のバックキックを使いこなすべし。

【ピックアップ】[04/15]

■『超時空要塞マクロス』
 まだ新シリーズに入れません・・・昨年のスペシャル版の録画もあるし。
第20話:
 マクロス(船内)での市街地戦です・・・そして、亡命者が。
 「カムジン」は「グラージ」に搭乗し、戦闘回避の味方「リガード」を攻撃、敵分裂です。
第21話:
 統合作戦本部を説得する為、「早瀬未沙」地球への展開です。
 ただ、それだけでは終わらずついに「マックス」と「ミリア」遭遇の回です。
 統合作戦本部は巨大兵器完成にて・・・和平へ【暗雲】、「一条輝」の恋も【暗雲】・・・。
第22話:
 突然、絵が崩れた・・・?。
 せっかく「マックス」&「ミリア」の展開を楽しみにしていたのに。
 こんな内容だったけ・・・映画の印象が焼き付いているせい?。

■『サムライスピリッツ零』[NEOGEO]
 『~SPECIAL』を時々プレイしていましたが、前作にあたる本作はどちらかと言うとシリーズ内で【最もプレイしていない作品】。
 『零』シリーズの原点に還るつもりで「ナコルル」でプレイ開始です。
 ・・・意外と良い、「なんで毛嫌いというかプレイしてなかったのだろう」と《評価UP》(再評価)です。
 オープニングはやはりちょっと好きになれませんが、【ストーリー】がある点・試合前後の演出など[良し]!。(演出面が大幅カットの『リアルバウト餓狼伝説2』を最近、プレイしていたので余計に「良く」感じたのかも。)
 当時のゲーム雑誌の攻略記事切り抜きを片手にしばらく初代『サムライスピリッツ』と共に全キャラ攻略を試みようと思います。
 『~SPECIAL』はその後・・・一体、いつになってしまうことやら。

表.[08/04/16(水)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 超時空要塞マクロス 第23話 【ピックアップ】参照。
第24話
G KOF2001 NEOGEO [チョイ];コンボ練習+CPU戦久しぶりに堪能。
G サムライスピリッツ零 NEOGEO [ナコルル];我旺に敗退。

【ピックアップ】[04/16]

■『超時空要塞マクロス』
第23話:
 「エキセドル4970」来艦・・・「ミンメイ」の物真似でちょっと【笑い】。
 けれども敵旗艦の気配「vs 500万」です。
 「カムジン」は離脱・・・「カイフン」ちょっとメッキが剥がれた?。
第24話:
 【最終回】です。
 大艦隊と最後の大決戦です。
 地球がやられて・・・やっと【歌】登場です。
 前々回と異なり、絵がかなり良くなっています。
 「フォッカー機」・・・伝説どおり撃墜はされないものの地球へ落下です。(そして地球で「早瀬未沙」に再会・・・【火星の件】は伏線だったのか。)
 味方殺しの「カムジン」カムバック、途端に何故か「いい人」展開です。

 「ダイダロスアタック」をマクロス全体にした【マクロスアタック】で《敵撃破》・・・。
 映画(劇場版)の影響か全然ストーリーに見覚えがなく、最後までどうなるのかと楽しめました。 

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『溺れる人魚』読破 | トップページ | 【書籍】『ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】4月13日(日)~4月16日(水)雑記:

« 【書籍】『溺れる人魚』読破 | トップページ | 【書籍】『ソラチルサクハナ 薬屋探偵怪奇譚』読破 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

リンク