« 【アニメ・ゲーム】4月20日(日)~4月23日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿』読破 »

2008年4月25日 (金)

【書籍】『リベルタスの寓話』読破

 「島田荘司」著、名探偵『御手洗潔』シリーズの二編を収録した【本格推理小説】です。

ワトソン役「ハインリッヒ・レーンドルフ・シュタインオルト」・「石岡」は前面に登場するのですが、肝心の「御手洗潔」は【電話】のみの登場・・・。
最近読んだ作品では本パターンが多く、とても《寂しい》感じがします。

加えて、【電話】でのやり取りで「御手洗潔」が解決可能な《謎》なので・・・今までの長編シリーズのように「おおっ」と驚愕する事がなくなってきています。
(まあ、常人の思考ではとても到達できない解決ではありますが・・・。)

特に本作では【密室】のトリックが○○トリックだったりして、興醒めです・・・まあ、古臭いままではなく、(トリックだけではなく、色々な部分で)時代に合った内容を持ってくる点はある意味「凄い」とは思いますが。

更に更に加えて、物語の中核となるべき【リベルタス】が実は《虚構》だった点に衝撃を受けました。
幾らなんでもその部分に《虚構》を持ってきては駄目だろうと・・・。

 「ドゥブロブニク」という欧州に実在した自治都市における選挙にて活躍した小さな「ブリキの人形」・・・【リベルタス】。
 投票結果を不正操作を無くすため、無垢な子供が入り投票結果を振り分ける・・・

上記の【リベルタス】に纏わる伝説を匂わす衝撃的な事件を持ってきているだけに、「実は虚構です。」と「あとがき」に記載されても・・・。

事件の舞台/人物の背景となる悲惨な民族紛争が起こった国・・・については、色々と勉強になりました。
最近の著者は色々と【タメ】になる作品を送り出してくれています。

ただ、【本格推理小説】としては

・あまりに突飛・・・詳しく犯行や推理の経緯が語られていますが、正直《荒唐無稽》に聞こえます。
・最近放送されたアニメの推理モノで同様の【謎】を扱っており、既知だった事。(アニメを見る前にも知っていましたが、該当知識が鮮明になっている状態となっていました。)

とのちょっと不満の感想です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】4月20日(日)~4月23日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『リベルタスの寓話』読破:

« 【アニメ・ゲーム】4月20日(日)~4月23日(水)雑記 | トップページ | 【書籍】『霧の訪問者 薬師寺涼子の怪奇事件簿』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ