« 【アニメ・ゲーム】2月26日(火)~3月3日(月)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月4日(火)~3月5日(水)雑記 »

2008年3月 5日 (水)

【書籍】『水底(みなそこ)の骨』読破

 「アーロン・エルキンズ」著の人類学教授「ギデオン・オリヴァー」、通称『スケルトン探偵』が活躍するシリーズです。
訳者あとがきには「第十二作」との記載があるのですが・・・。

 「スケルトン探偵」の名前から分かるように、最初は発見された少しの【骨】から導き出される《推理》に驚嘆していたのですが・・・(ネタ切れからか)初めの作品と比較すると若干【骨メイン】から外れてきているように思います。
 ただし、また別の知識をふんだんに盛り込んで、【推理小説】として最後まで謎解きを楽しませてくれる作品ばかり・・・と記憶していました。(もちろん意外な犯人、トリックありです。)
なにぶん、久しぶりに本シリーズに手をつけたので上記の記憶が正しいか怪しかったのですが。

 さて、本作は・・・

~~~~~
 軽飛行機で【女性パイロット】と共に暗い夜の中、逃亡していると思われる【老人】・・・。
【女性パイロット】の奮闘空しく、針路を見失い燃料が切れ、墜落。

~十年後、【老人】の【家族】のもとへ上記【軽飛行機】が見つかったと。加えて、コクピットに【骨】らしきものも見えるとの連絡が入ります。
丁度、その【家族】の友人であるFBI捜査官「ジョン・ロウ」と一緒にいた《スケルトン探偵》へ依頼発生です。

 調査した結果、驚くべき事に【骨】は当時「死んだと思われていた」【老人の兄弟】の特徴を・・・。
果たして当時一体なにが・・・。
~~~~~
 といった内容です。

 「あ~なんか良くある展開/内容だなあ。」と序盤で感じて、中盤~終盤も最初に感じた印象を覆す事なく【淡々】と進みます。
途中で披露される事件に関係した【豆知識】も・・・初めて知りました、まあ、いい勉強になりました的な内容・・・。
 このまま【予想通りの展開】で終わってしまうのか・・・つまらなくはなかったけど、いまいt[i]・・・と思ったら

 ■□■推理小説の醍醐味《大逆転》■□■

です。
 そんなに声を大にして言う程の内容ではないのですが、それまで堆積していた【不満】を払拭してくれました。
また最後、これは本内容/展開から予想の範疇なのですが「定番通りのボーナスあり」です。

表.シリーズ一覧(邦訳)
本タイトル
古い骨
呪い!
骨の島
暗い森
断崖の骨
水底の骨

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】2月26日(火)~3月3日(月)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月4日(火)~3月5日(水)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『水底(みなそこ)の骨』読破:

« 【アニメ・ゲーム】2月26日(火)~3月3日(月)雑記 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】3月4日(火)~3月5日(水)雑記 »

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
無料ブログはココログ