« 【アニメ・ゲーム】3月15日(土)~3月16日(日)雑記 | トップページ | 【映画】『ボーン・アルティメイタム』を見た »

2008年3月18日 (火)

【書籍】『刀語 第七話 悪刀・鐚』読破

 「西尾維新」著、『刀語』シリーズ第七作目【悪刀・鐚(アクトウ・ビタ)】です。

 「奇策士・とがめ」と刀を持たない剣士「虚刀流(きょとうりゅう)七代目・鑢七花(やすりしちか)」の国をも動かすと言われる「四季崎記紀(しきざききき)」の【変体刀完成形十二本の蒐集】の旅「第七弾」です。

第四話~第六話までは、正直《本作の序章》といっても過言ではありません。
ついに【新旧・日本最強】《対決》です。

もちろん本作は上記の《対決》がメインなのですが、ボリュームが少ないながらも他にも色々と気になる/印象に残った点が多々ありました。

■「とがめ」ライバルの側近登場
■「真庭人鳥(ぺんぎん)」のイラスト・・・愛らしすぎる

などなど。

《対決》ではやっと「とがめ」の【奇策】が発動します・・・ちょっと私には【奇】とは映らなかったのですが。

「七花」が第一話で編み出した必殺技『七花八裂』も進化です・・・もともと以下の七つの奥義を同時に繰り出す技なのですが、良くある展開に漏れず弱点があり・・・そして克服です。

・一の奥義『鏡花水月(きょうかすいげつ)』
・二の奥義『花鳥風月(かちょうふうげつ)』
・三の奥義『百花繚乱(ひゃっかりょうらん)』
・四の奥義『柳緑花紅(りゅうりょくかこう)』
・五の奥義『飛花落葉(ひからくよう)』
・六の奥義『錦上添花(きんじょうてんか)』
・七の奥義『落花狼藉(らっかろうぜき)』

正直、今まであまり上記「奥義」の詳しい描写がなかったので、いきなりあの「奥義」が弱点と言われても・・・とは感じましたが。

折り返し地点として大盛り上がりでしたが、今回の【敵】に勝る相手が今後、出てこないのではないかと心配です。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】3月15日(土)~3月16日(日)雑記 | トップページ | 【映画】『ボーン・アルティメイタム』を見た »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『刀語 第七話 悪刀・鐚』読破:

« 【アニメ・ゲーム】3月15日(土)~3月16日(日)雑記 | トップページ | 【映画】『ボーン・アルティメイタム』を見た »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク