« 【書籍】『トリプルプレイ助悪郎(スケアクロウ)』読破 | トップページ | 【書籍】『七月は織姫と彦星の交換殺人』再読 »

2008年3月10日 (月)

【アニメ・ゲーム】3月6日(木)~3月9日(日)雑記

 やっと今プレイしているRPG系ゲームの内一本の終わりが見えてきました。
まあ、ストーリーは短いのですが【技習得】に拘るあまり、自分自身でクリアを先延ばしにしていたのが原因なのですが・・・。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/03/06(木)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G KOF2001 NEOGEO 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[03/06]

■『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(KOF2001)』[NEOGEO]
 今まであまり使用しなかったキャラ「チョイ」にて練習中です。
 体が小さく、ジャンプも敏感と使いづらいと敬遠していたのですが・・・。
 ~↓B×2>遠立ちA~
 単純に連打では繋がらず、特に二発目の↓Bは一発目ヒットを意識しないと・・・。

表.[08/03/07(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G ビューポイント NEOGEO 2面の[カニ]・・・まず鋏から!。
G ライディングヒーロー NEOGEO Lv.2バイク・・・MAXまでもう少し。
G 麻雀狂列伝 NEOGEO やはりCPUが・・・極○。
A ロザリオとバンパイア 第10話 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[03/07]

■『ロザリオとバンパイア』
 前回のピンチからの《続き》・・・あれっ、一転【平和モード】です。
 なんだこの展開はと思いきや・・・再びピンチ、(お色気も忘れてませんが)再度一転【戦闘モード】で「大ピンチ」です。
 絵柄も《グレンラガン》化?・・・いきなり画風が変わったような。

表.[08/03/08(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G サムライスピリッツ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ビューポイント NEOGEO 腕が疲れた…。
G ロボアーミー NEOGEO 意外と[デモ]凝っている。
G ショックトルーパーズ セカンドスカッド NEOGEO いつもと違うキャラとルートで。
A CLANNAD-クラナド- 第15話 合唱部と顧問の取り合い:[春原兄妹]編へ?。
第16話 【ピックアップ】参照。
G マーメノイド PS [格闘王のグラブ]を入手したいのだが。

【ピックアップ】[03/08]

■『サムライスピリッツ』[NEOGEO]
 「服部半蔵」にてクリアへ挑戦中・・・中斬りキャンセル【弱・爆炎龍】⇒振り切った戻りをキャンセルするイメージで。

■『CLANNAD-クラナド-』
 いきなりの【バスケットボール】対決の展開へ・・・こういう「無茶なフリ」には【春原(兄)】キャラ、便利だなあ。
 でも今回、【春原兄妹】の見せ場というか活躍の場が全然なく・・・今後(の展開)への布石でしょうか。

~~ゲームパッケージについて【第4回】~~
機種:NEOGEO
タイトル:ロボアーミー(ROBO ARMY)
その他:「45MEGA」「BIG POWER ACTION GAME」「アクションゲーム」
《背面》
マックスパワー超激突!

未来都市が「ヘル・ジード」と名乗るロボ軍団に占拠された。
彼らの目的は「ロボットだけのユートピア建設」。
ロボアーミー出動せよ!
邪悪な野望を砕き、平和を取り戻せ。

●2P同時プレイ・途中参加可能
●立体サウンド「スフェロシンフォニー」搭載。
●アイテムにより無敵のバギーに変形。
●地上・水上・空中すべてが戦場だ。
●巨大武装ロボをビックパワーで叩け!
============
 定番の横スクロール【アクションゲーム】です。
う~ん、あまり《胸躍る》パッケージではありません・・・まあ、【無難】にまとめているという所でしょうか。

「スフェロシンフォニー」・・・後年、記載を見なくなった(やめた?)事からも取り立てて言う程では。
「地上・水上・空中~」との記載があるが、【空中】ってあったけ・・・ロープで降りている部分を言っているのかなあ。
「巨大武装ロボを~」・・・ラスボス以外は画面に全体がおさまっているし、せいぜいプレイヤーキャラの2倍ぐらいです。
他ゲームにてもっと【巨大】な敵を多々見ているので、ちょっとこの記述は・・・まあ、当時の周りにあったゲームと比較すると・・・の事でしょうか。

 ちょっと【特筆】すべき点が見当たらないゲームでした。(内容もシンプル・・・ですが、「つまらない」と言うわけではありません。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

表.[08/03/09(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 破天荒遊戯 第4話 【ピックアップ】参照。
第5話
第6話
第7話
第8話
第9話
第10話
G マーメノイド PS [爪]の技習得があと少し!!。
A フルメタル・パニック! 第3話 【ピックアップ】参照。
第4話
第5話 救出・・・敵[アームスレイブ]奪取。
第6話 【ピックアップ】参照。
第7話
A 素敵探偵ラビリンス 第16話 【ピックアップ】参照。
第17話
A 銀魂 08/02/14 【ピックアップ】参照。
A ハヤテのごとく! 08/02/17 多方面へ手広くパロディ範囲を伸ばし。

【ピックアップ】[03/09]

■『破天荒遊戯』
 他のアニメ作品より、一足早く【最終回】を迎えたので一気に視聴しました。
第4話:
 若干、【笑い】を絡めてきましたが・・・微妙。(系統は違うけど外し方は『獣神演武』[アニメ]と同じ?。コテコテなのだけど、ちょっと。)
 「レッツ、トレジャー!」、宝物探しです・・・でも、内容も微妙。
第5話:
 鳥葬の村にて。
 「いっちゃい(=一歳)」、《あほスロットル全開》との事です。
第6話:
 【名字トランプ】・・・「長嶋フォーカード」最強!!。
 「マイケル田中(=JOKER)」って、姓と名が逆なっているから?。
第7話:
 雪山にて「アルゼイド」と同じ【白髪・赤眼】の少女に遭遇の回です。
 「アルゼイド」が追う【黒髪・青眼】の女性とのエピソードも「チラリ」。
 「ほにゃー(≒悲鳴)」・・・『トリック』[ドラマ]の「仲間由紀恵」さんを思い起こしました。
 それにしても、今後は上記のような台詞で【笑い】を狙いにいくのでしょうか。
第8話:
 「よっこいせ」・・・。
 いきなり昔の【軍隊所属】時代の話が・・・突然、そんな設定を語られても。
 この作品でも【万能アイテム】化した「アフロ」を使うのか。
第9話:
 「ぎょっ」・・・「アルゼイド」との約束にて一週間の【魔法禁止令】発動、そして「アルゼイド」の《切り札》披露・・・。
 上記《切り札》に至る布石・伏線は良かったのですが、やはり全体的に《突然》・《突発》の内容との印象が拭えません。
第10話:
 【最終回】です。
 なんか段々と《笑い比率》がアップしているような・・・。

 全体を通して一応ヒロイン「ラゼル」の【過去】については、説明してくれる内容となっていました。
 各編全く脈絡がないままでの結末を迎えずに良かったと思います。
 まあ、本作も連載が続いているようなので、【既存の謎】の一部はほとんど解明されないまま・加えて【新規の謎】を加えての終了です。

■『フルメタル・パニック!』
第3話:
 学園定番の【修学旅行】への準備開始です。
 兵器談義にて友達ができて、敵研究所も本隊の活躍により壊滅・・・と思いきや。
第4話:
 沖縄への【修学旅行】へ向かう飛行機内にて敵急襲です。
 通常の学園モノと異なり【修学旅行】部分を「バッサリ」カット・・・ひと味違う?。
 宿敵「ガウルン」・・・一気に【戦闘モード】で、《緊張感》アップです。
第6話:
 《新型機投入で危機打開》・・・う~ん、やはり絶望的な危機は【新型】や【新技】で切り抜く設定になってしまうのかなあ。
 まあ、「かなめ」に秘められた能力、【ブラックテクノロジー】などの前置きがあった分・・・。
第7話:
 「ラムダ(=λ?)ドライバ」・・・イメージを実体化(?)する未知の技術で危機脱出です。
 とりあえず、【一段落】でしょうか。

■『素敵探偵ラビリンス』
第16話:
 【側転少女】・・・グチャ・・・ここまで思い切った「ベタ」な展開をやられると正直、清清しいです。
 「迷宮の出口は見つけたよ。」、言う程の謎ではなかったのですが。
 まあ、今回は【怪人マント男】・・・「信濃(兄)」登場がメインでした。
第17話:
 「おいらのカレーは世界一~」・・・から、いきなり【寒中マラソン】の展開です。
 ショートカットしようと突入した「旧首都高」で《迷子》です。

■『銀魂』
 「スーパーウーマン(≒ウルトラマン)」&「バレンタイン」の話です。
 「三分に一回、実家へTEL」・「バナジウム光線」と相変らず、良く考えるなあと感心します。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『トリプルプレイ助悪郎(スケアクロウ)』読破 | トップページ | 【書籍】『七月は織姫と彦星の交換殺人』再読 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】3月6日(木)~3月9日(日)雑記:

» 恐竜キング攻略 [seesaa]
左隣に強くなります。炎 ← 水 ← 雷 ← 土 ← 草 ← 風 ← 炎この法則を覚えておくと、相手によって自分の攻撃の仕方を考えることができるようになります。恐竜キングは簡単なようで奥が深いです。何も考えずにやっていると痛い目にあいます。ジャンケンのとき、画面にグー、チョキ、パーが出ますね。この手に爪がはえていることがあります。ツメが生えている手でジャンケンに勝つと、相手の残っている体力をぜんぶ奪うことが可能です。たとえば、「グー」にツメがはえていたとします。このとき「チョキ...... [続きを読む]

« 【書籍】『トリプルプレイ助悪郎(スケアクロウ)』読破 | トップページ | 【書籍】『七月は織姫と彦星の交換殺人』再読 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ