« 【書籍】『刀語 第七話 悪刀・鐚』読破 | トップページ | 【映画】『バイオハザードⅢ』を見た »

2008年3月19日 (水)

【映画】『ボーン・アルティメイタム』を見た

 「マット・デイモン」主演の暗殺者(スパイが適切?)『ジェイソン・ボーン』シリーズの第三弾、最終作(?)です。
「アルティメイタム」・・・「最終提案」・「最後通牒」、映画内の訳では「最後通告」となっていますが・・・振り返ると何が「最後通告」だったのだろう、いまいち集中できなかったので理解が届いていません。

『ボーン・アイデンティティー』・『ボーン・スプレマシー』と続いてきましたが、私は正直に言うと何故《シリーズ化》されているのか分からない作品です。
そんなに【魅力ある主人公】かなあ、そんなに【魅力ある設定】かなあ・・・と。

 結局、【魅力ある設定】でないため、本作はあまりストーリー的には《盛り上がった》感じはしません。
そりゃあ、アクションシーンは見応えありましたけど・・・でも、不死身・無敵(に近い)の主人公といったわけではないので、派手なアクション映画と比較すると若干「控え目」な印象を受けました。(リアル路線な分、適度なアクションだったと思いますが。)
序盤もいきなり負傷して登場だったし。

 あと「やたらと世界を駆け回る」点も頂けません・・・変に「ややこしく」しているのみ。
 更にあまり意味のない人物の登場も・・・亡くなった恋人のお兄さんとの再会、何だったのでしょう。

 最近、やたら【ド派手】な映画ばかり見てばかりいるので、《感覚》が麻痺しているのかも知れません。
本作も間を置いてじっくり見れば、もっと味がでるかも・・・ただし、微妙に三作が繋がっているので、その内一作だけ気軽に見るといった事もしづらくなってきました。

 公開当時、新聞に結構良い評価で本作の紹介がありました・・・その影響で自身で勝手に「ハードルを上げていた」のかも知れません。
少し期待外れでした。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『刀語 第七話 悪刀・鐚』読破 | トップページ | 【映画】『バイオハザードⅢ』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ボーン・アルティメイタム』を見た:

« 【書籍】『刀語 第七話 悪刀・鐚』読破 | トップページ | 【映画】『バイオハザードⅢ』を見た »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク