« 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第五話 賊刀・鎧』読破 »

2008年2月 2日 (土)

【書籍】『刀語 第四話 薄刀・針』読破

 「西尾維新」著、『刀語』シリーズ第四作目【薄刀・針(ハクトウ・ハリ)】です。

 「奇策士・とがめ」と刀を持たない剣士「虚刀流(きょとうりゅう)七代目・鑢七花(やすりしちか)」の国をも動かすと言われる「四季崎記紀(しきざききき)」の【変体刀完成形十二本の蒐集】の旅「第四弾」です。

 今回の敵は「奇策士・とがめ」を裏切った【日本最強の剣士】「錆白兵(さびはくへい)」です。
もう【日本最強】と決闘・・・しかも場所は「巌流島」で「果し合い」・・・《燃える》展開です。

と記載してきましたが、既に読了している方は知ってのとおり、本作は

【薄刀・針】
【錆白兵】

共に《どうでも良い》・・・何と言っても

「七花(=しちりん)」の姉「鑢七実」がメイン

です。

虚刀流の「七花」に対する切り札(人質)とするため、「真庭忍軍(=まにわに)」の頭領三人が拉致のために「不承島」へ向かうのですが・・・。

 本当に「面白い設定」を持ってきます、しかも最後の最後の一文で記すのは・・・ずるい。
ますます先が気になって気になってしかたがありません。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第五話 賊刀・鎧』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『刀語 第四話 薄刀・針』読破:

« 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第五話 賊刀・鎧』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ