« 【書籍】『最後の一球』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第四話 薄刀・針』読破 »

2008年2月 2日 (土)

【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破

 「西尾維新」著の【青春(?)学園ミステリー】です。
 ただし、【青春学園】といっても「爽やか」ではなく、最後はタイトル通り・・・。(序盤はオモシロ可笑しい個性的な「奇人」達の登場にて和やかムードですが・・・。)

 《日常》に退屈して、《非日常》と渇望する【主人公】・・・。
 その《願い》は「殺人」事件という【異常】にて叶えられてしまいます。

できれば序盤の「学園」、【平和】部分にもっとボリュームが欲しかったと個人的には思います。
事件が起こってからはまさに「ジェットコースター」のように一気に展開が猛スピードで進んで一気に読み終わってしまった・・・との印象が強いので。

 相変らず名前も含めて【登場人物】・【会話】・【妄想/想像(?)】が面白い・・・。

今回は《トリック》をいやに淡白に解決していましたが、私には十分納得の【謎】でした。
なのに、小説内の人物の台詞にて

 「犯行(トリック)」を【幼稚】、「犯人」も「探偵」も【素人】だから

などと「推理部分・謎部分が弱いのは・・・」との弁解(?)・理由とも取れる記述が多々見られたのは「ちょっと・・・」と思いました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『最後の一球』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第四話 薄刀・針』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破:

« 【書籍】『最後の一球』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第四話 薄刀・針』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク