« 【書籍】『水滸伝 108星のプロフィール』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第二話 斬刀・鈍』読破 »

2008年1月14日 (月)

【アニメ・ゲーム】1月11日(金)~1月13日(日)雑記

 最近のアニメは、序盤は盛り上りに欠けていても後半から一気に燃え上がる作品もあるため、視聴を諦める事が難しいです。
 録画予約数やハードディスク容量から【取捨選択】しなければいけないのですが・・・。
 まあ、中には5話以上見てもあまり面白く感じた事がない作品もありますが・・・打ち切っても良いのだがまだ大分録画した話数が残っているしこのまま最後までと思い、消せない・・・。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[08/01/11(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A プリズム・アーク 第12話 【ピックアップ】参照。
A 鉄コミュニケイション 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
第7話
第8話
G ワールドヒーローズ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G クイズ迷探偵ネオ&ジオ NEOGEO [宇宙からの依頼人],
色々なジャンルに手をだし撃沈。
G ライディングヒーロー NEOGEO [ストリーモード],
スクーター強敵。
G ロボアーミー NEOGEO 位置(軸)合わせは
[影]を見ること。
G AIR DC [AIR]クリア・・・長かった。

【ピックアップ】[01/11]

■『プリズム・アーク』
 最終回です。
 ゲーム『プリズム・ハート』[DC]と同様にバトル設定部分がやっとこの終盤にて登場・・・これで【締めくくり】と思いきや。
 いきなり、《謎》大展開・・・スケールも壮大に。
 いくらなんでも【超絶大展開】すぎると思いました。
 意外な展開は嫌いではありませんが、《飛ばすなあ》。
 やはり結局全ての謎は・・・ゲームでとの事なのでしょうか。

■『鉄(くろがね)コミュニケイション セレクション』
 初めて見ました。
 1話が15分程度なので、30分で2話放送です。
第1話:「少女ハルカ」
 【人類最後の女の子】とは、スケールが大きな・・・。
 登場してくるロボットは個性的ですが、どうも最近のアニメに見慣れていると・・・ちょっと《格好が悪い》とビジュアル的に感じてしまいます。
・スパイク:子供型?
・トリガー:ボール型?、射撃が得意
・リーブス(ディーブス?):ドクロ型?、性格は「おかま」設定?
・クレリック:物知り
・アンジェラ:女性剣士、気難し屋
第2話:「失われた記憶」
 いきなり【アクション展開】へ。
第3話:「オアシス」
 (着替え中などに)「バッタリ」ネタ続くのか・・・。
第4話:「マシン《非AI戦闘体》」
 アクション物への【転向】早いなあ。
第5話:「アンジェラ(前編)」
 人間との確執原因・・・「ラビニア」。
第6話:「アンジェラ(後編)」
 過去・・・。トラウマ払拭へ向けて。
第7話:「キャンプ」
 久しぶりに気の抜ける展開でしょうか。
 「バッタリ」ネタまだ、やるの・・・。
第8話:「異変」
 灼熱地獄・・・。
 今回で放送は終わりのようですが、まあ今後の展開が気になりますが「(続きが)見たいか」と言われると「そうでもない」が正直な感想です。

■『ワールドヒーローズ』[NEOGEO]
 「ブロッケン」にて2コンティニュークリアです。
 今までで一番苦戦したキャラとなりました。
 残りは「ハンゾウ」と「ジャンヌ」のみです。
 さて、どちらを使用しようかな。 

表.[08/01/12(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ef-a tale of memories. 第4話 【ピックアップ】参照。
第5話 13時間の記憶。過去のトラウマ。
第6話 【ピックアップ】参照。
第7話
第8話
第9話
第10話 中途半端・・・決断が必要な時。
第11話 【ピックアップ】参照。
第12話
G マーメノイド PS 技習得で,ストーリー進めず。
G ワールドヒーローズ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G クイズ迷探偵ネオ&ジオ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G KOF2001 NEOGEO 大門;↓小P>天地返しをひたすら。
A 逆境無頼カイジ 第7話 【ピックアップ】参照。
第8話 最後,仲間との信頼は・・・。
第9話 【ピックアップ】参照。
A 獣神演武 第7話 【ピックアップ】参照。
第8話

【ピックアップ】[01/12]

■『ef-a tale of memories.』
第4話:
 「ピヨピヨ」・・・小説共同執筆の誘い・・・。
 漫画家になった発端・・・夢の元とは。
 各自【夢】に対して、活動開始の展開です。
第6話:
 映画出演依頼・小説執筆開始です。
 全登場人物・・・各々・色々「スタート」です。
第7話:
 「千尋」・「蓮治」・・・【亀裂】の兆しが。
 「みやこ」・「紘」・・・こちらも【亀裂】。
第8話:
 各カップル「上り坂」「下り坂」様々・・・。
 「上り坂」と思っていたのに・・・突然の【崖】でしょうか。
第9話:
 「充実した自由」と「無意味な自由」・・・展開、一気に加速です。
第11話:
 1つは【完了】、さてもう1つはどのような《結末》に・・・。
 デートで「ピヨピヨ」遭遇、「ピヨ」と「ポヨ」で二羽に。
第12話:
 最終回です。タイトルは【love】・・・。
 前回の《悲しい別れ》から、一体どのような結末が繰り広げられるのか。
 《奇跡》は真っ向から否定しているようなので、果たして他はハッピーエンドを向かえたのに「千尋」と「蓮治」だけは・・・。
と心配していましたが、「やってくれました。」・・・ホロリときました。
 「必然・偶然・そして自分が何をするか」、台詞覚えてしまいました。
 
 本作、初めはやたらに映像演出ばかりが目立ち、内容に合っていないのではと思いましたが・・・。
 上記は詳しい内容を知っていなかった時の【早とちり】だったようです。
 見終わった後は、あの映像表現があったからこそ・・・と思う自分がいます。

■『ワールドヒーローズ』[NEOGEO]
 「ジャンヌ」にて2コンティニュークリアです。
 「ドラゴン」相手に苦戦しました。

・「ジャンプ強キック」>「立ち小パンチ」>「立ち強パンチ」>オーラバード

 続いて「ハンゾウ」にてノーコンティニュークリアです。
 久しぶりにスタッフロールを見ました。

・「ジャンプ強キック」>「立ち小パンチ」>「立ち強パンチ」>烈光斬

 これで、一応何回目かは忘れましたが《全キャラ》クリアです。
さて、奥の方に置いてある他の[NEOGEO]ソフト(未クリア)と入れ替えよう・・・でも「デスマッチモード」についてまだ十分にプレイしていない・・。

■『クイズ迷探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線PART2』[NEOGEO]
 シナリオモード「宇宙からの依頼人」と再プレイしていましたが、間違って前回クリアと同じルートを辿って、既に見たエンディングを見てしまった。
 セーブ部分から再度プレイして、別バージョンの地球滅亡エンドを迎えました。

■『逆境無頼カイジ』
第7話:
 【限定ジャンケン】・・・必勝の攻略法がひっくり返されました。
 まだ、【勝機】はあるのでしょうか・・・仲間同士の対戦による☆の行き来でカードは消費できても。
第9話:
 うわっ、土壇場で《ざわざわ》・・・本当、人間不信になるなあ。
 まさに【逆境からの不屈の意思による生還】です。
 最後は「ホロリ」・・・でも、(【限定ジャンケン】は終了したが)更なる試練の予感です。

■『獣神演武』
第7話:
 あまりにあっけなく【師匠】が・・・。
 展開・戦闘があまりにも《オーソドックス》すぎて・・・。
第8話:
 一息つく回でしたが、やっぱり【盛り上がらない】。
 「笑い」も《オーソドックス》・・・「ベタ」でも普通は笑えるのだが、本作は・・・。

表.[08/01/13(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
- SP エスピー 第5話 【ピックアップ】参照。
第6話 [公安]意外と。[マル対]大ピンチ・・・あれっ想像?。
第7話 【ピックアップ】参照。
第8話 やっとリアルタイムで見た回,Episode0
G マーメノイド PS 技習得に集中。
A 超時空要塞マクロス 第7話 【ピックアップ】参照。
A 墓場鬼太郎 第1話 【ピックアップ】参照。
A のらみみ 第1話 【ピックアップ】参照。
A ロザリオとバンパイア 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話 定番/お決まりの設定/展開・・・安心だけど。
C BASTARD!![完全版] 第5巻 やはりこれで[完全版]と言われても。

【ピックアップ】[01/13]

■『SP エスピー 警視庁警備部警護課第四係』[ドラマ]
 「岡田准一」さん主演のドラマです。
 「物をとっても警察に捕まらない職業は・・・カメラマン?」
第5話:
 過去の事件の一端が・・・少しずつ明らかに。
 今回は、【事件の証人保護】です。
 「正義と悪の境界線があいまいな現実の世界へようこそ」・・・[公安]の同期、意外と見所多し。
第7話:
 [マル対]の悲哀・・・。
 緊迫感が『羊たちの沈黙』[映画]に似ている・・・BGMが類似している影響か意図した演出なのか・・・。
 相変らず【組織の壁】設定が、好きだなあ。

■『超時空要塞マクロス』
 【味方殺しのカムデン】・・・強敵登場です。
 火星の敵罠に一直線・・・「早瀬未沙」の過去「ライバー少尉」のエピソードです。

■『墓場鬼太郎』
 OP曲、絵と色々趣向を凝らしているなあと思います。
でも、最終的にはストーリーで惹きつけて欲しいです。
 昔、漫画で読んだ【ブラック】(?)な「鬼太郎」が帰ってきました・・・。

■『のらみみ』
 過去のアニメ・コミック作品をパロディや捻るのが流行っているのでしょうか。
 まあ、陳腐な感想ですが色々考えるなあと思います。
 【居候キャラ紹介所】・・・パロディを超えて、一体何の【ウケ】を狙っていくのでしょうか。
 「みずあめ好きの自称:雷小僧・・・小坊主」が主人公(?)です。
 「チーパッパ」など「ちょっと良いかな」と思ったキャラはいたけど・・・。

~~~
 予約数およびHD容量の関係もあるので、とりあえず『墓場鬼太郎』と『のらみみ』の録画・視聴は諦めようと思います。
~~~

■『ロザリオとバンパイア』
 「陽海(ようかい)学園」・・・まあ、漢字まで「そのまま」にしなかったのは【良し】かなあ。
 最近、この手(妖怪etc)の作品多い・・・何かの風潮の反映でしょうか。
 もう【ゲームの宣伝】か・・・発売元が「CAPCOM」である事を加えて【二重に】吃驚しました。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『水滸伝 108星のプロフィール』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第二話 斬刀・鈍』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】1月11日(金)~1月13日(日)雑記:

« 【書籍】『水滸伝 108星のプロフィール』読破 | トップページ | 【書籍】『刀語 第二話 斬刀・鈍』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ