« 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月14日(月)~1月18日(金)雑記 »

2008年1月18日 (金)

【書籍】『刀語 第三話 千刀・鎩』読破

 「西尾維新」著、『刀語』シリーズ第三作目【千刀・鎩(セントウ・ツルギ)】です。

 「奇策士・とがめ」と刀を持たない剣士「虚刀流(きょとうりゅう)七代目・鑢七花(やすりしちか)」の国をも動かすと言われる「四季崎記紀(しきざききき)」の【変体刀完成形十二本の蒐集】の旅「第三弾」です。(毎度の記載になりますが・・・。)

 今回は《刀は消耗品》との観点から、その名「千刀」の通り【千本の刀】が相手です。
あれっ【変体刀】と言っている割には「芸がないな」と思いきや、そこは天下の刀鍛冶・・・千本【見分けがつかない全く同じ刀】です。
 刀でなくても道具は馴染むまで時間がかかります。所がこの「千刀」・・・全く同じなので例え一本折れたとしても、その心配はありません。

 さて今回の対戦相手は、出雲「三途神社」の「敦賀迷彩(つるがめいさい)」[女性]です。
しかし、本人は帯刀しておらず、刀は千人の「黒巫女」に・・・。

 「剣士」「忍者」をも狂わした「四季崎記紀」の【刀の毒】・・・しかし【毒】も使いようによっては【薬】に。

「千刀流」の誇りを捨て、一時は【山賊】にまで身を落とした[女性]・・・先代「敦賀迷彩」との【出会い】、そして。

 世間から隔絶された島で育ち、兄弟以外は初め全く「人の見分け」が出来なかった「七花」・・・ただ「とがめ」の【刀】として、そして刀は《斬る相手を選ばない》・・・。

といった今までの【言葉のやり取りの妙】・【アクション】展開から《一味違った/これから変わる事を予感させる》内容です。
 今回は、【アクション】≒「七花」だけでなく、「とがめ」の【知恵】(「奇策」というにはキツイ)がやっと見れます。 

 ほとんど「あらすじ」説明になってしまいましたが・・・。

相変らず、読んで「スカッ」と感じるシリーズです。(短く「スパッ」と一気に読めるのも要因ですが・・・。)

(記:スッタコ小僧) 

« 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月14日(月)~1月18日(金)雑記 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『刀語 第三話 千刀・鎩』読破:

« 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】1月14日(月)~1月18日(金)雑記 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク