« 【アニメ・ゲーム】1月11日(金)~1月13日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 »

2008年1月15日 (火)

【書籍】『刀語 第二話 斬刀・鈍』読破

 「西尾維新」著、『刀語』シリーズ第二作目【斬刀・鈍(ザントウ・ナマクラ)】です。

 「奇策士・とがめ」と刀を持たない剣士「虚刀流(きょとうりゅう)七代目・鑢七花(やすりしちか)」コンビによる国をも買えると言われる「四季崎記紀(しきざききき)」作【変体刀完成形十二本の蒐集】の旅「第二弾」です。

 前回は、絶対に折れる事のない頑丈さを追求した【絶刀・鉋(ゼットウ・カンナ)】、今回は名前と真逆の《一刀両断で斬れぬものはない刀》です。
まさに【通常の刀としての本望・・・「斬れる事」と追求した究極の刀】です。
 それだけ(純粋に「斬る」以外に特徴のないため)に突発的に発生した【絶刀・鉋】の入手を除いて、最初に蒐集に向かったのですが・・・。

 はてさて、砂漠に埋もれた因幡の国の城に一人、住み続ける【斬刀・鈍】所有者「宇練銀閣」(うねりぎんかく)。
 先祖はその刀で【一万人斬り】をしたと言います。
 本来、刀を持たない「虚刀流」には《刀の切れ味》は関係ないと「奇策士・とがめ」は踏んだのですが・・・。
 
 前作は初回であり、登場人物や刀の説明がメインだった面もありますが、正直【剣術・格闘】部分が消化不良でした・・・まあ、相手が「卑劣・卑怯」を得意とする【真庭忍軍】(通常「まにわに」※1)であり【忍者】だったことも影響していますが。
 でも、今回は違います。
 腕のたつ【侍】が相手であり、相手の技および「虚刀流」の技との《ぶつかりあい》が十分に楽しめました。(ただ、欲を言うと「奇策士・とがめ」の【奇策】[?]の出番がなかったのが、残念。)

 前半は、「奇策士・とがめ」が「七花」の口癖を決めようと・・・面白いのですが「正直、くだらない」【やり取り】(※2)が続き、今後の展開について不安になっていました。
 《後半にて一気に心配を払拭してくれました。》
 
※1 「七花」命名。今回は、【真庭忍軍】「十二頭領」の一人は「やられ役」にて退場です。
※2 面白かったですよ。特に「とがめ」の口癖『ちぇりお!!』での「ツッコミ」・・・。

 頁数が少なくてすぐに読み終わってしまうので、「満足か」と問われると「もう少し読み応えが欲しい」との回答ですが、まだまだ【続き】がありますので。
 
(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】1月11日(金)~1月13日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『刀語 第二話 斬刀・鈍』読破:

« 【アニメ・ゲーム】1月11日(金)~1月13日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『十月は二人三脚の消去法推理』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク