« 【アニメ・ゲーム】1月26日(土)~1月27日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 »

2008年1月31日 (木)

【書籍】『最後の一球』読破

 「島田荘司」著の『御手洗潔シリーズ』、【推理小説】です・・・と言いたい所ですが、ある人物の【半生を描いた日記】・・・しかも最後はタイトルのまさに《最後の一球》=《奇跡の一球》に【脱帽】です。
 まさに《奇跡の一球》なのですが、単純に《奇跡》で片付けるにはふさわしくないとも言える【一球】でした。

 最近、私が丁度読んでいる作品が該当していたのか『御手洗潔シリーズ』、

 「事件」・・・「犯人または被害者の半生」

の展開が多いように思います。
「事件の謎」も少し物足らないものばかり・・・。

 本作の事件は特にスケールが大きくない分(歴史などに絡まず)、純粋な【謎解き】が楽しめる作品となっているかなあと思ったら、上記【展開】で少しは《捻り》が欲しい

と思ったら、ある人物の半生に引き込まれて読み続ける自分がいました。

 詳しくは記載しませんが、

「感動、まさに最後の一球です。」
(後半、タイトルの意味が分かり早くその場面が出てこないか、著者の「じらし」に逆ギレです。)

でも、ふと冷静に帰ると『御手洗潔シリーズ』にしては・・・との思いが頭をよぎりますが

 奇跡・・・【奇跡のトリック

と言う点で、シリーズに相応しい作品だったのかも知れません。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】1月26日(土)~1月27日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【書籍】『最後の一球』読破:

« 【アニメ・ゲーム】1月26日(土)~1月27日(日)雑記 | トップページ | 【書籍】『不気味で素朴な囲われた世界』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク