« 【映画】『ロボコップ』再見 | トップページ | 【書籍】『天帝のはしたなき果実』読破 »

2007年12月23日 (日)

【映画】『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』を見た

 「ジョニー・デップ」「オーランド・ブルーム」「キーラ・ナイトレイ」出演の『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズ第3作目です。
 題名の通り《海賊》をテーマにした【アクション映画】です。
 ただし、シリーズ後半になるにつれて【ファンタジー色】が濃厚となってきましたが・・・。

 《海賊》をテーマにすること自体は、「尾田栄一郎」氏の有名な『ONE PIECE』[コミック]に馴染みがあったのであまり際立った印象は持たなかったのですが・・・。
 少年誌の漫画と違って、【卑怯】【裏切り】など<ドロドロ>とした設定/展開がある・多いのが一般向けの【(実写)映画】と言う所でしょうか。

 本作の内容ですがはっきり言って

 《色々詰め込みすぎていて、書けません。》

 個人的には2作目の【終わり方】も納得がいっていませんでしたが、前作から【新たな設定・謎】が飛び出しすぎです。
 前作でも「広げすぎているなあ。」と感じていましたが、今作はそれをまとめるどころか【更に(大風呂敷を)広げています。】

 「9人の海賊長」「評議会」「女神」(神様まで行くか・・・。)・・・などなど正直【やりすぎ】と思いました。
 突然飛び出した設定についていくのもやっとなのに、前述の【裏切り】や個々の策謀が蔓延して《敵・味方がぐるぐる》・・・目まぐるしい展開です。

 また、シリーズ全登場人物を出そう・その結末も描こうと試み、且つ新たな登場人物も加わり・・・更に混乱というか混沌に。(私の理解速度が遅いのですが・・・。)
 
 意図してやっているのでしょうか。
 確かに設定・謎・人物が広がり、本作を見た後にも『パイレーツ・オブ・カリビアン』の世界について、大いに【想像を膨らませる】余地があります。有り余るぐらいに・・・。

 ただ、それが「面白い」に結合していません。
 映像・演出的には「観客を楽しませよう。」としている努力は、たくさんありました。
 しかし、どうしても《製作者がやりたかった事をぶちこんだ》ような印象を受けます。
 「やりたかった事」を色々録った後に無理矢理【繋いだ】ような・・・。

 2時間40分もの長時間ですが前述の【詰め込みすぎ】のおかげか、長くは感じませんでした。
 ただ本作が『パイレーツ・オブ・カリビアン』完結編かと思うと・・・《1作目のように「スッキリ」完結する話が欲しかった》です。

(記:スッタコ小僧)

« 【映画】『ロボコップ』再見 | トップページ | 【書籍】『天帝のはしたなき果実』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【映画】『ロボコップ』再見 | トップページ | 【書籍】『天帝のはしたなき果実』読破 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

リンク