« 【アニメ】『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』を見た | トップページ | 【書籍】『聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 »

2007年11月 5日 (月)

【映画】『ゲゲゲの鬼太郎』を見た

 「ウエンツ瑛士」主演の言わずと知れた「水木しげる」氏の漫画の【実写】化作品です。

 大きな感想は、一言
 「役者(出演者)の皆様、(色々な意味で)お疲れ様でした。」・・・(※1)

 さすがに実写にすると衣装が派手すぎる・・・特に【猫娘】の「田中麗奈」さん、がんばったなあ。(闘っている部分も含め・・・『クレイモア』[アニメ/コミック]を思い浮かべました。)

 また「大泉洋」氏の【ねずみ男】、原作のイメージを出そうと奮闘しているのが伝わってきます。
 肝心の「鬼太郎」ですが、下駄を履く部分など幾分、動作がぎこちないですが「それも愛嬌」と思えば・・・。

 今回の強敵は「妖狐」なのですが・・・相変らずですが【ぬいぐるみ/着ぐるみ】に【バッチリ】見えます。
 特殊メイク等がんばっているのでしょうが、他の邦画作品の化け物と何か系統(メイク?)が一緒で新鮮味がありません。
 良く見る敵顔(化け物顔)だなと・・・。

 各登場人物のやりとりは、コントを目ざしているのかとの【ノリ】で・・・正直、失笑です。

 ストーリー・演出などは、定番/昔の匂いがする設定と現代の設定・アレンジを加えて、(内容的にはアニメと類似の展開ですが)色々な部分で差別化を図っていたように思いました。
 
 話の中心となる姉・弟の父親については、結構【ハードな展開】だなと感じました。(と思ったら・・・最後で。)

 前述の(※1)に感想は集約していますが、登場人物の皆さん「ある意味、凄かったです。」・・・メイク・衣装・台詞もろもろ。

 「迫力が凄い」「映像が凄い」とは【別の意味】で、《とても凄い》作品でした。(身のない/薄っぺらな感想ですが。)
  
(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』を見た | トップページ | 【書籍】『聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ゲゲゲの鬼太郎』を見た:

« 【アニメ】『名探偵コナン 瞳の中の暗殺者』を見た | トップページ | 【書籍】『聖女の塔 建築探偵桜井京介の事件簿』読破 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク