« 【アニメ・ゲーム】11月13日(火)~11月15日(木)雑記 | トップページ | 【書籍】『摩天楼の怪人』読破 »

2007年11月19日 (月)

【アニメ・ゲーム】11月16日(金)~11月19日(月)雑記

 最近、野球の延長にて録画失敗はなくなったけど、なんやかんやで「ミス」すること有り…はあ(溜息)。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[07/11/16(金)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ケロロ軍曹 07/09/08 【ピックアップ】参照。
G ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション PS2 【ピックアップ】参照。
C 爆れつハンター 第6巻 【ピックアップ】参照。
第7巻
第8巻

【ピックアップ】[11/16]

■『ケロロ軍曹』
 「幽霊ちゃん」・・・久しぶり。
 敵味方関係なく再登場キャラが多いのは、「キャラを大切にしているのか」それともネタ切れか・・・。
 「昭和の映画を意識」と色々な所からネタを持ってくるなあ。

■『ヴァンパイア ダークストーカーズコレクション』[PS2]
 第1作目、「ガロン」にて挑戦開始です。
 まずは連続技の練習から・・・

 【ジャンプ強キック>しゃがみ弱キック>立ち中キック>強クライムレイザー(※)】

 ※コマンド:↓↑強キック

 【~立ち中キック>強クライムレイザー】・・・コマンド入力が遅いのか中キックのキャンセルが出来ない。

 ・・・と思っていたら、「しゃがみ弱キック」にコマンド入力を混ぜるのが正しかったようです。
 【~↓弱キック>N(ニュートラル)中キック>↑強キック】

 チェーンコンボ部分は、1つ前の基本攻撃のヒットを予測(?)して次の攻撃を入力すると私個人的には成功率アップです。
 早すぎても駄目ですが・・・第1作目は入力(キャンセル受付)が厳しいです。

 必殺技「ビーストキャノン」は「レバー+パンチ」で方向転換ができるのですが、いやに出来ないなあと思っていたら・・・
 【変更できる向き】が決まっていたようです。

 ・地上:左上or右上
 ・対空:右上or右下
 ・空中:右上or右下
 (キャラ右向き時)

 上記をトレーニングしてから、アーケードモードに挑戦しました。
 「デミトリ」に惜敗・・・です。

■『爆れつハンター』[コミック]
 原作「あかほりさとる」氏、漫画「臣士れい」氏のちょっとエッチなファンタジー漫画です。
 以前の記事にも書きましたが、アニメは未見です。
 文庫版が第8巻で最終巻を向かえたこともあり、一気に読みました。

 期間が空いたので、5巻の内容を忘れていました。
 6巻が戦いの中盤からの続きから開始していたので、戸惑いました。
 主人公の父親・母親の過去および本世界の謎と伏線もばっちりで、いよいよクライマックスです。

 ラストバトルはちょっと意外性がなかったとこから、個人的には残念に感じました。
 ただし、後日談は充実しており、その部分にて最終巻は十分楽しめる回となっていました。

表.[07/11/17(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G KOF2001 NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ライディングヒーロー NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G サムライスピリッツ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G パルスター NEOGEO まともにプレイするとSTAGE2で撃沈。
G ワールドヒーローズ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G NAM-1975 NEOGEO まともにプレイするとSTAGE3で撃沈。
A BLUE DROP 第2話 【ピックアップ】参照。
G 水木しげるの妖怪写真館 NGP 【ピックアップ】参照。
A スターシップ・オペレーターズ 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話
第3話
A みなみけ 第3話 【ピックアップ】参照。
第4話
第5話
第6話

【ピックアップ】[11/17]

■『ザ・キング・オブ・ファイターズ2001(KOF2001)』[NEOGEO]
 「四条雛子」にて久しぶりに連続技の練習復活です。
 『ヴァンパイア』をプレイしたお陰か、

 【~けたぐり>近立ちA>↓B>遠立ちB~】

 の目押し部分の成功率がアップしました。

■『ライディングヒーロー』[NEOGEO]
 「ストーリーモード」に挑戦開始です。(以前一回少しだけプレイしましたが、「WGPモード」をクリアしたこともあり、再挑戦です。)
 音声が一部あるのに吃驚しました。「バイク屋店長」・・・「賭けレース時に抜かれた」ときなど。(以前は気づかなかった。)
 それにしても「ゴールド」って通貨単位はちょっと・・・。
 一番安いバイクを購入したのですが、「45,000ゴールド」・・・初回の賭けレースの金額が「2,000ゴールド」・・・何か物価がおかしい。
 流石に一番安いバイク・・・操作しづらくなっています。(「WGPモード」で使用したバイクと大違い・・・コーナリングが難しい。)
 
 コースには乗用車、トラック、果ては原付バイクに乗ったお姉ちゃん(?)まで登場、ぶつかるとこっちが飛ばされクラッシュなので・・・まさに【避けゲー】です。
 ゴール直前にクラッシュしてしまい、初回の勝負は負けてしまいました。(前述のように「安い」or「チューンナップ前」だからか、左右移動が思ったようにできない。)

■『サムライスピリッツ』[NEOGEO]
 「右京」でまず、「バックダッシュつばめ返し」をマスターしてからクリアに挑戦するつもりでしたが・・・。
 地上コマンド入力・ジャンプ直後に「つばめ返し」も時々、失敗するレベル・・・。
 「バックダッシュつばめ返し」にはそろそろ見切りをつけ、クリアに挑戦して「つばめ返し」入力ミスをまず無くそうと思います。

■『ワールドヒーローズ』[NEOGEO]
 「フウマ」にて「ジャンプキャンセル」およびクリアに挑戦中です。
 必殺技「炎龍破」・・・地上で当てると相手が倒れないのがきつい・・・。
 飛び込みを食らっても、「くらい投げ」が決まるので体力差がある場合には有利なのですが・・・。
 「ドラゴン」に負けました。強い・・・気絶連続技が多数あり。

■『BLUE DROP』
 『EAT-MAN』(全巻所持)の著者「吉富昭仁」氏の作品だったのか・・・雰囲気が異なっていて全く気づきませんでした。
 となると【一捻り】ある設定の作品なのかな。

■『水木しげるの妖怪写真館』[NGP]
 Bボタンがシャッターであることを忘れて、間違ってAボタン押し・・・何回シャッターチャンスを逃したことか。
 タイトル通り、全国を巡り妖怪の写真を撮るゲームです。
 撮影中は、妖怪は本来の姿ではなく「火の玉」「水玉(?)」「(小)竜巻」「闇」などその妖怪の属性を表わす状態で出現です。
 撮影後のフィルム確認時まで、どんな妖怪が・・・また、うまく撮れているかなど楽しみでドキドキします。
 同一妖怪を複数回写した場合、比較・うまくとれたかどうかを数値にて表わしてくれるため、アルバムへ格納するための入れ替えが行いやすい配慮があります。

■『スターシップ・オペレーターズ』
 『ロードス島戦記』でお馴染み(?)の「水野良」氏のSF作品です。
 ファンタジーからSFと作品内容の違いから、当初「水野良」氏の作品とは気づいていませんでした。
 ファンタジーからスペースオペラへの転身・・・果たして内容は。

第1話:
 ストーリーは概略すると、士官候補生が演習後の帰還途中に自分達の惑星が強国からの急襲・宣戦布告を受けて「即時降伏」となったことを知ります。
 士官候補生達が乗るのは最新艦「アマテラス」、武装解除のため正規兵は降ろされたのですが・・・。

 放送局「銀河ネットワーク」の支援を受け、たった一隻だけの抵抗を開始することになります。
 スポンサーの条件により、戦闘は中継されて・・・。

 一隻だけの反抗というのは良くあるSFもの・定番の展開ですが、作者も意図/考慮していると思いますが「不謹慎」とも言うべき【戦争の中継】という設定が加わり、先の読めない展開となっています。(この放送が後にどのような波紋を巻き起こすのか。)

 敵戦艦の武装が個性的であり、今後どのような敵・戦いが繰り広げられるのか、戦闘シーンにも期待が持てます。
第2話:
 戦争をしているのですが、放送が加わることで現実味が沸かない・・・登場人物の台詞に溢れています。
 淡々とした雰囲気だったのですが、けれども仲間の死にて・・・。
第3話:
 ただの「戦闘もの」でもないし、「青春もの」でもないし・・・。
 艦隊戦というと原作小説は2回程読破・アニメは序盤しか見ていなかった『銀河英雄伝説』を思い起こすのですが、本作はまるっきり雰囲気が異なります。
 また、最近で青春(?)SFものというと『宇宙のステルヴィア』が印象に残っていますが・・・こちらとも淡々とした中にも戦争という暗いテーマにて印象が全く違います。

■『みなみけ』
第3話:
 前半はのんびりムード、でも後半タイトルの内容にて一気に盛り上り。
 繰り返しの演出多いなあ。
第4話:
 ちょっとアニメ独自の部分が少ない印象を受けます・・・少し残念です。
 「先生と二宮くん」は「ふんどし祭り」に変わり、今後【押していく内容】でしょうか。
 少しずつキャラも揃ってきました。
 バレー部男子(部長?)の妄想・・・いい感じです。
第5話:
 笑いを狙っているのか、しょうもない所での演出が光ります。
第6話:
 「マコちゃん」の部分についてアレンジが他の回より大幅にあったように思いました。(単行本の内容忘れているので定かではありませんが。)
 原作のいい所・キャラを良く引き立てていると思います。
 まだ出ていない原作キャラの登場が楽しみです。

表.[07/11/18(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A もやしもん 第4話 【ピックアップ】参照。
第5話 今後,能力を何に使うのだろう。
第6話 【ピックアップ】参照。
C ねこきっさ 第4巻 【ピックアップ】参照。
A 獣神演武 第2話 【ピックアップ】参照。
A しおんの王 第5話 【ピックアップ】参照。
第6話
A D.C.Ⅱ 第3話 【ピックアップ】参照。
第4話 相変らずの展開。
A ご愁傷さま二ノ宮くん 第4話 どちらも過去に起因?。
第5話 【ピックアップ】参照。
A 素敵探偵ラビリンス 第4話 【ピックアップ】参照。
A スケッチブック 第4話 昆虫・植物に関する知識…。

【ピックアップ】[11/18]

■『もやしもん』
第4話:
 農大ならではのイベント?・・・。
 ミミズに関する雑学を習得、「O-157」は久しぶり・・・。
第6話:
 「ミス農大」登場・・・。
 粘菌ネタ続いていたんだ。
 「防疫隊」・・・今後、レギュラー/定番化になりそうな予感。

■『ねこきっさ』[コミック]
 「ととみねぎ」さんのコミックです。
 やっと最新巻がでました。
 オクトパス(蛸)の「大津ぱく」・・・主要キャラクターになったんだ。
 その友達の「越前ミヅキ」(クラゲ)・「松葉聖子」(カニ)もまた、面白いキャラです。
 あとがきにて小説を出した事を初めて知りました。

■『獣神演武』
 歌詞が英語のみのオープニング・・・なんか【しっくり】来ないなあ。
 戦闘シーンはあるものの・・・なんか「のんびり」「もったり」とした印象を受けます。

■『しおんの王』
第5話:
 録画失敗・・・後半切れてしまいました。
 本当にいい所で・・・決勝の行方見たかったなあ。
第6話:
 各自、様々な過去と現在・・・。
 「歩」の父親は生きているんだ、てっきり・・・。

■『D.C.Ⅱ~ダ・カーポⅡ~』
 荒れる恋模様となると思いきや…まだ不発(?)。
 リメイク(付け加えるなら「ハリウッド版」)?…と思われても仕方のない内容/展開です。

■『ご愁傷さま二ノ宮くん』
 冒頭のショート(同人誌を巡る話)は、続いていたのか。
 ちょっと暴走しすぎの展開です。
 いきなり、敵(?)の急襲にて「次回へ続く」の展開です。

■『素敵探偵ラビリンス』
 本作に限らず、最近は原作と漫画を書く/描く方が分かれている作品が多いなあと思います。
 若干、謎解きもありましたが、「推理物」から一転して「(少年)冒険物」との印象を受ける回でした。

表.[07/11/19(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
** *** ** **********

【ピックアップ】[11/19]
 おそらく、この時間ではもう何もできない…。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ・ゲーム】11月13日(火)~11月15日(木)雑記 | トップページ | 【書籍】『摩天楼の怪人』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】11月16日(金)~11月19日(月)雑記:

« 【アニメ・ゲーム】11月13日(火)~11月15日(木)雑記 | トップページ | 【書籍】『摩天楼の怪人』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ