« 【アニメ】『パプリカ』を見た | トップページ | 【書籍】『QED 河童伝説』読破 »

2007年11月11日 (日)

【映画】『ダイ・ハード4.0』を見た

 久しぶり、「ブルース・ウィリス」主演の『ダイ・ハード』最新作です。

 『ダイ・ハード』第1作目を見るまでは、私は映画館で見るのであれば「SF映画」と決めていました。

 せっかく大画面で見るのだから、映像的に迫力のある作品をまた、当時は「アクション映画」より好きだったからです。

 ところが当時、ひさしぶりに父親と映画を見ることになり、まあ初めから『ダイ・ハード』(第1作目)を見るつもりはなく、おそらく丁度上映時間であった事・他に見たかった作品がなかったからでしょう、普段は劇場では見ない「アクション映画」へと・・・。

 当時は本当に衝撃的でした。(劇場で)見る映画のジャンルを広げてくれました。

 思い出話はここまでとして、本作の感想です。

 と言ってもはっきり言って次の【言葉】に集約されるのですが・・・。

 <派手>です、<ド派手>です。

 親父の悲哀、ハッカー青年の成長、「英雄」とは・・・色々盛り込んでありましたが、(正直、)霞んでいます。

 前述の【言葉】のみです。

 敵は「スーパーマン」、最近では「スパイダーマン」かと見紛うばかりのアクション、大爆発のピンチ、アクションの連続です。

 公開当時にテレビCMにて【車でヘリを撃墜】シーンが強調されており、こんな【見所】をCMで出して大丈夫かなと思っていました。(確かに「見たい!」と思わせるCMに仕上がっていましたが。)

 大丈夫です。あのくらい【序の口】だったんですね。

 久しぶりに【刑事物】で楽しめました。

 ただ、ちょっと私個人で「もっと凄いもの」を想像・期待を膨らませていたため、少し意外な/意表をついた部分がなかったのが少し物足りなかったです。

追記(11/11):

 ふと振り返ると本作品、第1作目とスケールおよび関連する人物は異なりますが、類似シュチュエーションが多く見られたことに気づきます。

 特にクライマックス近辺はその出現が顕著です。

 製作者側も意識して実施している事と思いますが、<派手さ>にばかり注意を引かれていました。

 上記によって、一瞬に散る花火みたいな作品ではなく、ド派手が売りのアクション映画としては少ない【余韻を残す】作品となっています。

(記:スッタコ小僧)

« 【アニメ】『パプリカ』を見た | トップページ | 【書籍】『QED 河童伝説』読破 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ダイ・ハード4.0』を見た:

« 【アニメ】『パプリカ』を見た | トップページ | 【書籍】『QED 河童伝説』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ