« 【書籍】『レタス・フライ』読破 | トップページ | 【書籍】『εに誓って』読破 »

2007年10月25日 (木)

【アニメ・ゲーム】10月20日(土)~10月24日(水)雑記

 9月に最終回を迎えたアニメを消化しきれず、まだ新番組に手をつけていない状態です。
見たかった映画や書籍に没頭したのも大きな原因ですが・・・。
ゲームもプレイしたいものを手に入れて、ますますアニメの消化が・・・滞ることに。

□表中「区分」の意味
A:アニメ
C:コミック
G:ゲーム
-:その他

表.[07/10/20(土)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G ライディングヒーロー NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ザ・スーパースパイ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
C 第11巻 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[10/20]

■『ライディングヒーロー』[NEOGEO]
 バイクレースです。本ゲームはまず、相手のバイクと衝突しては駄目です。
 何せ、自分から衝突・後ろから相手に衝突されても吹っ飛ぶのは【自分のバイク】です。
 後ろから相手に衝突され、コース外に弾き出されて・・・看板激突・クラッシュ。
  『納得いきません・・・。』
 本当にストレスが溜まるゲームです。
 ただ、【避けゲーム】と思えば・・・。

■『ザ・スーパースパイ』[NEOGEO]
 敵が多すぎです。『ダイ・ハード』等、目ではありません・・・素手で一体、何人を相手にしてきたことか。
 残り幹部2人です・・・頑張っていこう。
 本ゲームは、「メモリーカード」必須です。
 道のりが長い、長い・・・。

■『昴』[コミック]
 「曽田正人」氏の【凄まじい】「バレリーナ」の物語です。
 11巻のみ購入していませんでしたが、連載再開・実写化?の影響にて店頭に並んでいるのを見て購入に踏み切りました。
 11巻では前回の連載終了時点までが収録されているのですが、私はボレロ編から連載終了までの流れが好きではなく、またあの終わり方も唐突すぎました。
 上記より、最後まで手をつけていなかったのですが・・・。
 「曽田正人」氏は『め組の大吾』[コミック]にて初めて知りました。
 「熱くなる」作品でした・・・まさに【ヒーロー】です。
 ドラマ化されたようですが、ちょっとだけ見てみましたが「大吾」は何か成長途中で苦しんでいる「一般」の熱血青年に・・・。
 まあ、「人命救助」と言うもののドラマ化から、あまりに超人的な設定にはできなかったのでしょう・・・。

表.[07/10/21(日)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A 鋼鉄三国志 第19話 【ピックアップ】参照。
第20話
第21話
第22話
第23話
第24話
第25話
A 電脳コイル 第1話 【ピックアップ】参照。
第2話
A 名探偵コナン 07/08/20 【ピックアップ】参照。
07/08/27
07/09/03

【ピックアップ】[10/21]

■『鋼鉄三国志』
第19話:
 『三国志』を何故使いたかったのでしょうか・・・名前だけ?。
 「呉」以外はあまり良い方に描いていない点が気になりました。
 「太史慈」・・・散る。「太史慈」の扱いはどの作品も良いですね。
第20話:
 「呂蒙」が「関羽」を倒すのは原作通り・・・かと思ったら結局、「陸遜」頼み。
第21話:
 「関羽」死んでいないのか・・・もしかして「太史慈」も?。
 と思ったら、立て続けに・・・。
第22話:
 「魏」と「呉」、「蜀」打倒に連携?・・・まあ意表をついた展開だなと思ったら、もはや人外の戦いに・・・。
第23話:
 やっと【終わり】が見えてきました。
第24話:
 【宇宙規模への展開】はやめて欲しい・・・まあ、隕石落下以上の展開がなかっただけ良かった。
第25話:
 最終回です。
 【破滅主義者】の最終ボス多いなあ・・・と思っていたら、逆転の結末・・・吃驚しました。
 最後の「孔明」の【締め】は良かったです。
 最終回の【出来栄え】の影響も大きいですが、良い作品と最後には感じました。
 ただ、『三国志』を使用する(モチーフにする)意味があったかと言うと・・・。

■『電脳コイル』
第1話:
 世界感・展開共に初めから惹き込んでくれます。
 『となりのトトロ』の「メイ」を思い起こさせる少女「キョウコ(?)」も【笑い】に一花添えています。
 「おやじ」という名前のキャラ(電脳生物?)など、【笑える】キャラが一杯です。
第2話:
 前回の感想と重なりますが、【魅力的な人物・物】ばかりです。
 ただの「ドタバタ」展開だけでなく、主人公(ヒロイン)の過去の秘密なども【キー/伏線】となるような設定で、今後が楽しみです。

■『名探偵コナン』
07/08/20:
07/08/27:
 「黒い写真の行方」の回です。
 名探偵は「鑑識技術」もバッチリか・・・ちょっと知識がありすぎるような。
 いやに目につくカットだったので、【隠れ場所】についてはすぐに分かってしまいました。
07/09/03:
 「右から左へ招き猫」の回です。
 1話完結だと見るのも気楽で良いです。
 まあ、【都合の良い証拠】ばかり揃っていること。
 タイトルからも【謎は分かりすぎる】ぐらいでした・・・。

表.[07/10/22(月)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
** *** ** **********

【ピックアップ】[10/22]
 何もできず・・・。

表.[07/10/23(火)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
A ぼくらの 第18話 【ピックアップ】参照。
第19話

【ピックアップ】[10/23]

■『ぼくらの』
第18話:
 久しぶりに見たら、随分と落ち着いた展開に・・・。
 と思ったら、銃撃戦発生・・・でも、【地味】です。
 その【地味】さで逆に「現実味」を煽ったのかなあ。
 あまりにも「呆気ない」【別れ】でした・・・これも上記と同様の効果を狙っての事でしょうか。
 確かに、寒い/厳しい感じを与えてます。
第19話:
 展開の早い、昔話だなあ・・・しかも、1話で完了するとは。
 重い話なのに【あっさり】【淡々】と・・・逆に重く感じさせる効果を出しています。

表.[07/10/24(水)]鑑賞アニメ,プレイゲーム
区分 作品名 補足 メモ
G ダンク・ドリーム NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ライディングヒーロー NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G ザ・スーパースパイ NEOGEO 【ピックアップ】参照。
G サムライスピリッツ NEOGEO 【ピックアップ】参照。

【ピックアップ】[10/24]

■『ダンク・ドリーム』[NEOGEO]
 3on3の「バスケットボール」ゲームです。
 レバーと2つボタンしか利用しないゲームですが、組み合わせにて色々なプレイができるようです。
 (初プレイなので、まだまだシステムを利用しきれていません。)
 「日本チーム」を選択して「スペインチーム」と対戦しましたが、【ドロー】にてゲームオーバーです。
 操作感も良く、ゲージを溜めた時の(ダンク)シュートの演出は派手で爽快感があります。

■『ライディングヒーロー』[NEOGEO]
 相変らずライバルのバイクの【当たり】が激しいです。
 特に後ろから当てられて、こちらが吹っ飛ぶのは・・・。
 コース外を走るのがコツなのでしょうか・・・時々、両側に【看板】がない部分があります。
 コースを外れて【看板】に激突すると即「クラッシュ!!」、大幅に順位を落とすのですが・・・。
 特に【看板】がない場合、コースをちょっと外れても「スピードダウン」などのペナルティがないように感じます。
 さすがに「コース外」なら、後ろから当てられることもないと思うので・・・。
 次回プレイ時には、意識して試してみたいと思います。

■『ザ・スーパースパイ』[NEOGEO]
 クリアしました。
 ただし、エンディングは高層ビルをバックに【メッセージ】のみで、クリアしたという実感が沸きません。
 実際、ゲーム内容は単調で、最後は作業みたいになっていました。
 もう少しプレイ内容にプレイヤーが工夫できる余地はあったのでしょうか・・・私のプレイが悪かったのか?。

■『サムライスピリッツ』[NEOGEO]
 十戦目近くで後少しでラスボス「天草」という所で、「アースクェイク」に相手に私の「覇王丸」が負けました。
 近距離中斬り>弧月斬をミスったのが、大きな敗因なのですが・・・どうも最終戦近くなるとミスる・・・修行が足りん。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『レタス・フライ』読破 | トップページ | 【書籍】『εに誓って』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ・ゲーム】10月20日(土)~10月24日(水)雑記:

« 【書籍】『レタス・フライ』読破 | トップページ | 【書籍】『εに誓って』読破 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ