« 【書籍】『QED 百人一首の呪(しゅ)』再読破 | トップページ | 【映画】『ナイトミュージアム』を見た »

2007年9月16日 (日)

【映画】『ゴーストライダー』を見た

 「ニコラス・ケイジ」主演の「SFアクション」映画です。
 『スパイダーマン』や『X-MEN』等と同様に【アメコミ】原作のようですが、コミックは見たことがありません。

 主演の「ニコラス・ケイジ」については、私個人的には「久しぶり」です。
 最近の主演作は全く見ていません。(『ナショナル・トレジャー』『ワールド・トレード・センター』等・・・。)
 
 「ショーン・コネリー」と共演した『ザ・ロック』が面白くて、「ジョン・ウー」監督・「ジョン・トラボルタ」と共演の『フェイス・オフ』は初見は予想と違う/期待が大きすぎたためか面白く感じなかったのですが、再度見たときはアクション娯楽作として楽しめました。
 
 ただ、『コン・エアー』あたりからかな、ちょっと主演作で面白いと感じる作品が少なくなりました。(『スネーク・アイズ』・『60セカンズ』・・・。汚職刑事と車泥棒役の設定がやはり【顔】に合いません。)
 再度「ジョン・ウー」監督とタッグを組んだ『ウィンドトーカーズ』で、私の中で盛り返してきた感じです。

 本作はテレビCMの内容から、【アメコミ】のヒーロー物との認識でした。また、設定から『スポーン』に近いのかと・・・。
 ただ、正直、【泣きそうな困った顔が得意な(?)】「ニコラス・ケイジ」が、ヒーロー物の主人公に似合うのかと心配していました。
 最近の類似映画では、[変身前など]「見るからに意思または肉体的に強い」という印象を受ける俳優さんが演じている方が少なくなっているように個人的に感じていたので、その流れなのかな・・・。( 『スパイダーマン』の「トビー・マグワイア」や『ファンタスティック・フォー』のリーダー(?)「ゴム能力者」など・・・。)

 序盤、どうしても私は「ニコラス・ケイジ」および変身後の「ゴーストライダー」が格好良く見えませんでした。
 これは、正直、以下の2点が影響していると思います。

1)「モト冬樹」を思い出す。(主演作「カツラ刑事(?)」と共に・・・)
2)『黄金バット』を思い出す。(あの笑い声と共に・・・)
 
 特に上記1)は、ほとんどの人が当て嵌まるのでは・・・。まあ、「モト冬樹」自身、本作品か知りませんが「ニコラス・ケイジ」主演映画の試写会(?)時に、対面していたニュースが流れていた記憶があります。

 【アクション部分】はあまり派手ではなかったのですが、バイク乗車部分についてはスピード感もあり、派手で楽しめました。(まあ、タイトル/ヒーロー名からも【バイク】部分が見所とすぐ分かるのですが・・・。)

 上記【アクション部分】は、敵との戦闘シーンを指しています。
 大敵の手下である各「元素[土・風・水]」を操る(本体がその元素に結合しているというのが適切かな)敵がいるのですが、登場シーンや移動シーンはやたら派手なのですが、実際に主人公「ゴーストライダー」と戦うと、あまりにあっけなく敗退していました。

 前述1)と2)の影響により、序盤こそ【戸惑い】ましたが、最後は【格好良く】締めてくれるし、私自身も「ゴーストライダー、格好良い・・・。」と思うようになっていました。(変身前の「ニコラス・ケイジ」も含めて・・・。)

~~

 『スパイダーマン』「トビー・マグワイア」の時も吃驚しましたが、今回も「ニコラス・ケイジ」の肉体、マッチョぶりに驚きました。(普段、マッチョとのイメージがなかったからですね。)

~~

 ヒーロー物・・・日本も得意な分野のように感じるのですが。(戦隊ものが得意なのかな?)
 まあ、あまり最近では【孤独なヒーロー】との設定は少ないですね。
 多くが【仲間】の存在があります。

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『QED 百人一首の呪(しゅ)』再読破 | トップページ | 【映画】『ナイトミュージアム』を見た »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『ゴーストライダー』を見た:

« 【書籍】『QED 百人一首の呪(しゅ)』再読破 | トップページ | 【映画】『ナイトミュージアム』を見た »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ