« 【書籍】『ソフトタッチ・オペレーション』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月9日(木)~8月12日(日)雑記 »

2007年8月12日 (日)

【映画】『THE JUON/呪怨』を見た

 「サラ・ミシェル・ゲラー」主演、監督「清水崇」のホラー映画です。
 映画の原題は『THE GRUDGE』です。「GRUDGE」は「恨み」という意味です。う~ん、なんか邦題より凄みがないですね。
 『リング』と同様にハリウッド・【リメイク版】と言うのが適切かな・・・。(ストーリーは若干、変更になっているけど・・・。)

 見ていない映画が溜まっているなか、ハードディスクの容量をすぐに減らすため、加えて少しは涼しくなるかなと思い、深夜録画したのを早朝に見ました。

 オープニングおよび序盤、
■『インデペンデンス・デイ』「ビル・プルマン」の出番があれだけ?と心配しましたが、後半、おおいに出番があり安心・・・。
■ヘルパー「ヨーコ」、普通は勝手に他家の屋根裏を覗かないだろ・・・。ライターを持っているとは、「煙草飲み」の設定なのでしょうか。(今時、珍しい。)

と「掴み」はちょっと「外した」感じがしましたが・・・・・・。

 残念ならが、私は日本の一作目は見ていますが二作目は見ていません。いずれ機会があったら、見てみたいと思います。
 CMから最新作が劇場公開されるようなので、そのために今回、テレビ放送に踏み切ったのでしょうね。(21時などの時間枠テレビ放送で放送できなかったのは、何故なんでしょうか。でも、ホラー映画の多くは深夜放送となっていますね。)

 さて、本作の内容ですがダラダラと冗長的な所は少なく、かといって「ジェットコースター・ムービー」と言われるようなスピード感はありません。
 ただ、随所随所に怖がらせる演出があり、あまり退屈せずに見ることができました。

 しかし、残念なのが【リメイク版】だからか、一作目で既出の「演出」が多数出てきた所です。(【リメイク版】の宿命でしょうか・・・。)

 ネタバレに近くなってしまいますが、「横恋慕」の巻き添えで殺されるのはちょっと・・・・・・。
 ホラー部分以外はあまり突飛な設定がない本作の特徴でしょうか。ある意味、人間臭い動機ですね、それを狙ってのことでしょうか。(本人に落ち度がない分、誰でも対象になり得るのが怖い・・・。)

 ところで、本作の監督は「時間軸」「時間構成」をいじくるのが好きのようですね、単純なホラー映画にしたくないとの「心」でしょうか。
 
 出演者も私の良く知らない人ばかりですし、内容についても、これ以上記述することがありません。
 決して「ホラー映画」として楽しめなかったという訳ではありません。

 昔、「ホラー映画」が全く駄目だった私でも十分見れた点で、「怖さ」という点では及第点以下だったのかも。(つい最近は、結構、「ホラー映画」が大丈夫になっているので、免疫ができているのかも・・・・・・。)

(記:スッタコ小僧)

« 【書籍】『ソフトタッチ・オペレーション』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月9日(木)~8月12日(日)雑記 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【映画】『THE JUON/呪怨』を見た:

« 【書籍】『ソフトタッチ・オペレーション』読破 | トップページ | 【アニメ・ゲーム】8月9日(木)~8月12日(日)雑記 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ