« 【ゲーム】中古買取価格・パッケージについて | トップページ | 【書籍】『海紡ぐ螺旋 空の回廊』読破 »

2007年5月19日 (土)

【アニメ】『アップルシード』(フルCGでない方)を見た

 「士郎正宗」氏の『アップルシード』アニメ化を見ました。

 ただし、近年作成されフルCGが話題となった方(以降、「フルCG版」と記述)ではなく、DVD裏面によると「1988年作品」と記載のある(古い)方です。

 昔、おそらく日曜日の午後、13:00とか14:00の時間帯に1回テレビ放映されたのを見た記憶があります。

 DVD屋(ゲーム屋兼)がセールをしていて「30%」引きとなっていたのを見て、購入に踏み切りました。

 「フルCG版」の方を見たときは、

「あれこんな話だっけ。」

「主人公って、こんなだったけ。」

との印象が強かったのですが、なぜそう感じたのか本作を見て分かりました。

(本作を見ると、)

主人公の「デュナン」って、「随分、【姉御肌】なんだな。」と容姿および声、言葉使いから感じます。

 うまく言いづらいのですが、同氏の作品『攻殻機動隊』に登場する「草薙素子」から冷静さ(Coolさ)を外して、感情の起伏を激しくした感じでしょうか。「フルCG版」から受ける印象とは全く異なっています。

 初めは本作の設定時期が、(「フルCG版」と異なり)「デュナン」が都市「オリュンポス」へ連れて来られて、数年など大分、時間が経過して成長したあとを描いているのかなと思いましたが、登場人物の台詞からすると連れて来られて数ヶ月を舞台にしています。

 「ヒトミ」に都市へ連れてもらって来たとの設定は変わっていないのですが、一人ではなく相棒「ブリアレオス」と一緒に連れてきてもらったとなっています。

 私は原作コミックを読んでいないため、主人公の設定[性格含む]やストーリーが、本作と「フルCG版」どちらが近いのかは分かりませんが・・・・・・。

(ただ、近年の「フルCG版」は、[ストーリー等が]かなりうまくまとまり過ぎていたので、今回見直した作品の方が、原作コミックに近いのかな?)

 肝心の中身はというと、まず受ける印象は正直いって「地味」です。

 「フルCG版」を見た後は、「SFアクション映画を見た。」との感じましたが、本作を見た後は「渋いポリスアクション映画を見た。」との感想になります。

 時間も1時間ちょっとと短く、「ちょっとアクションスケールを大きくした近未来設定の刑事ドラマを見た。」といった表現方法が思い浮かびました。

 一応、「ランドメイト」や「多脚砲台」など『アップルシード』の舞台アイテムは出てくるのですが、メインでバンバン利用されるのではなく、本当に世界観の一部として登場しているにすぎないといった扱いで、活躍の場があまりありませんでした。(本作のポリス着用「ランドメイト」がどうしてもただのゴリラ型ロボットに見えてしまう点がちょっと・・・・・・。)

 「フルCG版」の<ドンドンパチパチ>の派手さを期待して、本作を見るとがっかりしてしまう人もいるのではと思います。

 私は昔の記憶があったので、予想通りというか思った通りの映像でした。

 ただ、私自身も「フルCG版」の記憶が新しいので、見終わった後に若干、物足りなさを感じました。

 「フルCG版」の方は、「(株)セガ」から発売されている[PS2]ソフト『アップルシード エクス』パッケージ裏面によると映画版新作『EX MACHINA』が公開されるようなので、楽しみです。

 上記ゲーム(ソフト)ですが、まだプレイしていません。前述の「DVD屋(ゲーム屋兼)」で「50%引き」だったので、未プレイソフトが山積みになっているにも関わらず購入してしまいました。(「デュナン」フィギュア付の方を・・・・・・。)

 ゲームの内容は、私自身はまだプレイしていないので評価はできませんが、どうもいろいろな方の批評を見ると【厳しい意見が多数を占めて】います。

 最近はキャラをメインとした所謂「キャラゲー」でも昔と比較するとかなり出来の良いものが多く発売されているのですが。

 発売元が「(株)セガ」で今プレイしている『新・忍伝』[SS]もアクションゲームとしては、かなり良作と私は感じていたので、「ハズレ」はないだろうと期待していました。

 『新・忍伝』は実写取り込み2D、[PS2]はポリゴン3Dと画面描写は異なりますが、開発元が同じであれば、ある程度、アクションゲームとして目指してくる所は一緒になると思っているのですが。(例えば、操作性重視で初心者でも爽快感をとか、難しくして何回も再プレイさせてクリア時の達成感重視[やり込み重視]とか・・・。)

※大会社となると開発部門も多数あるでしょう。また、『新・忍伝』はかなり昔の作品ですから。

 最終的な結論はプレイしてからですが、一体、何時になることやら。

 ちょっとだけプレイし、感想を述べることも可能ですが、おそらく正当な評価とはなっていないでしょう。

 ゲームによっては初回プレイ時からあまり感想が変わらない作品もありますが、どちらかと言うとプレイし続けていく内に評価や感想は変わってきます。

 私自身、昔プレイした作品で、久しぶりにプレイして評価が180°変わった作品が多数あります。

 プレイし続けて操作がうまくなった作品、自身の年齢が進んだ影響で印象が変わった作品など評価を変える要因は様々です。

(記:スッタコ小僧)

« 【ゲーム】中古買取価格・パッケージについて | トップページ | 【書籍】『海紡ぐ螺旋 空の回廊』読破 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【アニメ】『アップルシード』(フルCGでない方)を見た:

» ミュウミュウ 新作 [ミュウミュウ 新作]
ミュウミュウ 新作はちょっとおしゃれ。ミュウミュウ 新作でレベルアップしませんか? [続きを読む]

» ドラゴンボールAFの動画・画像・ストーリー・キャラクターなどの情報を集めました [ドラゴンボールAF]
ドラゴンボールAFの動画・画像・ストーリー・キャラクターなどの情報を集めました [続きを読む]

» わちふぃーるどを満喫しよう♪ [わちふぃーるどを満喫しよう♪]
わちふぃーるどを満喫しよう♪ [続きを読む]

» かみちゃまかりん [かみちゃまかりん]
コゲどんぼさんの漫画「かみちゃまかりん」 「デ・ジ・キャラット」とか「ぴたテン」とか 好きだったので気にはなってたのですが 掲載雑誌が「なかよし」だったので ちょっと手は出せませんでした。 [続きを読む]

« 【ゲーム】中古買取価格・パッケージについて | トップページ | 【書籍】『海紡ぐ螺旋 空の回廊』読破 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

リンク