2023年1月28日 (土)

【書籍】『人形館の殺人』再読

 「綾辻行人」著、館シリーズの第四弾、ミステリー小説です。。。あれっ、本格が抜けた。

~期間が経っているし、色々な作品の読書経験も積んだので、新装版再読における感想は変わるかな・・・と思ったのですが、他の館シリーズ再読と同様に変化せず。~

 また、元々本作にはネガティブな感想を持っていたのか、今回の再読では読後、久方ぶりに"大ガックリ"。

おそらく昔、初読の時も館シリーズ最新作だ!!楽しみ!!・・・・・・えっ。。。(だったんだろうなぁ。)

 再読前、自分でも何故か本作品における記憶がほとんど無い事に違和感を感じていたんだよなぁ。屋敷に配置された異なる体の一部が欠けた人形たち、母屋と貸しアパート(?)が繋がった特異な住居。

 どんな事件だったか、屋敷というか人形にどんな仕掛けが・・・で、ドキドキ・ワクワクで読み進めると、真相は───。

もしかして、"この手の真相"作品に触れたのは本作が初だったのかも。(今までの読書で度々出逢っては、本当に読後にズーンと沈む。)

 まだまだそのトラウマが抜けきっていないという事でしょうか。

 最後に過去の感想へのリンクを。

十角館の殺人

水車館の殺人

迷路館の殺人

・人形館の殺人

・時計館の殺人

・黒猫館の殺人

・暗黒館の殺人

びっくり館の殺人

奇面館の殺人

(記:スッタコ小僧)

【書籍】『ロボット・イン・ザ・ガーデン』読破

 「デボラ・インストール」著、なんだろう、ロボットと離婚夫のドタバタ・ロードムービー・・・いや、ロード小説か。

本作、邦画で実写化される前に存在を知っており、そのタイミングでは時間がなくて読めなかった。

 その後、邦画で実写化されたのを知り、なんで映画化されたのだろうと、再挑戦です。

成程、旅の舞台が日本が含まれる事や、訳者あとがきからも映画化を意識、期待化された作品だったのか。

 確かに登場する男の子ロボット「タング」、そのキャラは魅力的です。

内容的には珍しくはない、突然、小さな子供(赤ちゃんの場合もあり)を面倒を見る事になった育児に慣れてない男("達"の場合もあり)の奮闘──です。

 若干、ロボット設定によるスパイスが効いていますが。

発生するトラブルやイベントは微笑ましいものが多数を占め、"幅広め目"ターゲットなのでしょうか、読み易いのでスラスラと楽しめました。

~~~

  両親を事故で無くし、獣医になろうと勉強していたが挫折、弁護士として忙しい妻とは裏腹に自宅で漫然と過ごす「ベン」。

そんな中、庭先に紛れ込んだロボット一体。そのロボットが根本原因ではないが、夫婦の間におけるズレを意識させ、やがて離婚。

「ベン」、一念発起して、壊れかけた部品の修理の為、ロボット「タング」の開発会社、開発者探しの旅に出発です。

~~~

(記:スッタコ小僧)

【ゲーム】SS、PS、NEOGEOポケットにDCと

 久しぶりのゲームだが、疲れていて本当に各ソフト少しずつ。

まずセガサターンで3Dダンジョン探索のコメディタッチRPG、『ドラゴンマスターシルク』[SS]をプレイです。

 うーん、前エリアの時もエリアキー利用場所を忘れていて、最後(次のエリアへ進む前)、虱潰し探索になったんだよなぁ。

期間が空いてしまうと、諸々、場所を忘れてしまう・・・マップに印をつけられる機能があったら、良かったなぁ。

 次はPSoneを出して、『黒ノ十三』[PS]、ホラー・アドベンチャー・ノベル作品です。

選択間違いは、ほぼ一発死に直結する流れなので、アドベンチャーというより、本当にノベル。

軽く1話で時間を潰す予定だったのですが、「運命の扉」・・・長編作品でした、うわっ、作品によって長さが大分違う。

 本当に久しぶりに動かしたNEOGEOポケット。

『SNK VS. CAPCOM カードファイターズ2 EXPAND EDITION』[NGP]をプレイです。

2台所持しているのですが、前述のソフトが差さっているのはイヤホン端子が故障している方。イヤホンで聞こうとすると酷い雑音が入る。

まあ、通常の音声出力は問題はありません、ただ、バックライト?ではないので夜に電灯配下でのプレイではないと見えにくいかな。

 やっぱり面白いね、ついついプレイしてしまいます。

ストーリーモードで、敵方とこちら側のカード差が結構開いていても、戦略とカードの引き・・・運で勝利をもぎ取る事ができるのが、熱い!!。

 豪華客船上での前作の主人公「キャップ」との対決、相手手札のレベルが圧倒的に高いので勝利は絶望、これはしばらく周りで戦ってカード収集かな・・・と思ったのですが、自分の場が埋まっている状態で「春麗」の百裂脚を出す失敗をしてくれた。

 この技、場の全て(自分を除いたかな)のBP(バトルポイント=カードキャラのHP&攻撃力)を100にする技。SP(ソウルポイント=MP)も使い切ってもらい、相手側の場は3枚全て埋まり(3人攻撃でも低ダメージ)、SPを使ったアクションカードも使えない状態へ。

 上記状態になった後、相手のカードを倒さないようにこちらは、場に出したカードの能力を使い、BP上げやSP溜めを実施して、溜まった所で一気に"三神合体"・・・違った合体攻撃を三体で、3000から確か2000ぐらいまで何とか減らしていた相手HPを奪い、撃退へ。

 最後はドリームキャスト、RGBケーブル接続だとうまく動かない作品をS端子接続でプレイです。

『真本格花札』[DC]と『新日本プロレスリング 闘魂烈伝4』[DC]は、今までRGBケーブル->FRAMEMEISTERだと画面が固まるので、盤面に傷は見当たらないけど、自身の持っているのが不良品かな・・・と思っていたソフトです。

 『スーパーストリートファイターⅡX フォー マッチング サービス』[DC]の方は、RGBケーブルだと映るけど画面の端に小さく映ってしまう事象だったので、まさかRGBケーブル接続だと固まってしまうソフトがあるとは気づけませんでした。(RGBケーブル接続でうまく"動かない”ソフトはある──との認識はあったのですが、フリーズ事象とは知らなかった。)

 『真本格花札』[DC]、成程、3つも競技があるんだ、2つしか知らなかったよ。

『新日本プロレスリング 闘魂烈伝4』[DC]、見ていた時代のプロレスラーもいるけど、記憶力が低下したなぁ。

スパストⅡXは、「キャミィ」でプレイ、ストⅢプレイ時に使っているアーケードスティックで若干、使いづらいと思っている機器なのですが、本ソフト自体、コマンド入力が厳しいのか・・・いや、昔はこれが普通だったのか、思ったようにコマンド技が出ずにイライラ。

(記:スッタコ小僧)

«【書籍】『運命 二人の皇帝』再読

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

リンク