2020年10月26日 (月)

【映画】『13日の金曜日』を見た

 「ショーン・S・カニンガム」監督のシリーズ原点─オリジナルのホラー映画です。

~色々な意味で吃驚しました。~

Blu-rayディスクのパッケージに記載されている「THE TERROR BEFORE THE MASK」が全てを物語っています。

最初の作品って、確かにスプラッター系だけど、どちらかというと「サスペンス」「スリラー」に近い作品だったんだ。。。と。

 いやぁ、一体どこで不死身マスクの殺人鬼シリーズになってしまったんだか。

まあ、原点が"しっかり"していたからこそ、そして原点がその単体で際立っていたからこそ、続編が続いたのでしょう。

 黒板キィキィとまでは行かないまでも、恐怖&緊迫感を煽るBGM、冒頭の数年前の殺人シーン、数年度、「クリスタル・レイク」キャンプ場再開に伴う殺人の開始──。

 序盤からも適度にショッキングシーンを挟みつつ、少し中だるみかな、、、と思ったら、盛り返してくる。

最後のドッキリも含めて、「これが始まりだったんだ」、続編の「不死身マスクの殺人鬼」全く知らなくても、十二分に単体で楽しめる作品、それ一本で完成されたホラー映画──という事を痛感させてくれました。

 知らなかったなぁ、まあ、ホラー映画見れるようになったのは大分、大人になってからなので、ここまで旧作だと中々、手が伸びなくて。

過去に(子供の頃に)テレビ放送で見て、「今なら、しっかりきちんと見れる」と思った作品は時々、見ていたのですが、盲点でした。

(記:スッタコ小僧)

【アニメ】『メイド イン アビス 深き魂の黎明』を見た

 原作「つくしあきひと」さんのコミック、アニメ化でその絵柄とは考えつかない展開に驚いたダークファンタジー、劇場版映画での続きです。

~期待通りの作品でした。~

ここ最近、自身でハードルを上げていたせいか、期待を裏切られる事が続いていたので「期待以上!!」とつけたいところですが、ここは抑えて抑えて、この評価です。

久しぶりに時間が過ぎるのが早く感じるほど、面白かったです。

また、さんざん本編ではなく、CM放送されて気になっていた『マルルクちゃんに日常』、こちらも期待通りの出来で大満足です。

「ボンドルド」の娘(?)「プルシュカ」との出逢いと・・・「ボンドルド」との死闘&彼の秘密─いやぁ、見せ場が盛り沢山です。

 「ジブリ」作品以外、昔は映画館で見る「アニメ劇場版」は、私の感想からすると「当たりハズレが激しい」ものばかりで、「当たったらラッキー」との感覚でした。

 今は、本当に凄いなぁ。

(記:スッタコ小僧)

2020年10月12日 (月)

【書籍】『美少年探偵団シリーズ』全読破

 「西尾維新」著、それぞれ特技を持った美少年達(一人性別が異なる)が活躍する推理?、いや"維新"作─著者節が満載です。

後述の11冊がありますが、読む期間が空いたり、順序が前後したりしましたが、シリーズ全て読む事ができました。

当初、タイトルと本の絵から、「えっ?、著者、いつの間にこちら方面にも・・・」と吃驚しましたが、内容的には(著者の)"いつも通り"で、楽しめました。

文量も少なくパッと読めるし、「謎部分」は正直、物足りない(珍しく回答に辿り・・・)点はありますが、登場人物の荒唐無稽な魅力にて突っ走ってくれました。

・美少年探偵団 きみだけに光かがやく暗黒星

・ぺてん師と空気男と美少年

・屋根裏の美少年

・押絵と旅する美少年

・パノラマ島美談

・D坂の美少年

・美少年椅子

・緑衣の美少年

・美少年M

・美少年蜥蜴【光編】

・美少年蜥蜴【影編】

タイトルはあまり意識せずとも大丈夫です。(某大御所の作品タイトルをもじっているようですが。)

(記:スッタコ小僧)

 

«【書籍】『屍者たちの帝国』読破

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

リンク